たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  調布市 調布市


2016年01月05日

調布わいわいサロン1月度運営委員会

調布わいわいサロンの本年度最初の運営委員会をあくろす
2階のはばたきで開催。運営委員12名が出席。
定例の前月行事の報告と直近3月までの予定行事の確認作業
の後、本日の重要テーマである各種活動グループの方向性を
議論した。
年末の忘年会&全員集合時の参加者に、興味を持ち、お手伝い
可能な活動テーマを選択して貰って居た。
11の活動テーマをグルーピングして、お手伝い可能なメンバー
をリストアップした。
6チーム編成と成り、ウォーキングチーム、美しい村チーム、
カルチャーチーム、ライフチーム、ボランティアチーム、グルメチーム。
チームリーダーがメンバーを編成、活動行事の具体案を詰める
ことに成った。
ここ2年で多くの新メンバーを迎え、活動の幅が大きな広がりを見せ
る中、体制固めが一気に進むことを期待している。



  


  • 2015年12月31日

    調布わいわいサロン2015年活動まとめ

    2015年は調布わいわいサロンの飛躍の年と成った。
    会員数も大幅に増えて60名を超す所帯に成り、年間活動実績
    も19件と、ニューメンバーが自ら企画を担当するなど、活動の
    幅が大きく広がった。
    ともに楽しみ、ともに学び、ともに語ろう
    そっと地域の役にたちたい 仲間とともに のスローガンの元で、

    ともに楽しみとして、
    野川/玉川上水散策、お江戸散歩、七福神巡り、美しい村ツアー、
    グルメ巡り





    ともに学びとして
    健康講座、終活講座、国会議事堂見学、日銀見学


    ともに語ろうとして
    わいわい全員集合 暑気払い、忘年会、調布よさこい出店




    そっと地域の役にたちたいとして
    YDAS2015こども博覧会参加


    2016年度も1月から、谷中七福神めぐり、私の見たアフリカ・
    ケニアと興味深い企画がスタートします。
    ご興味のある方は、調布わいわいサロンの野口代表へ
    090-8805-6577 noguchim@ktf.biglobe.ne.jp




      


  • 2015年12月16日

    終末医療

    調布わいわいサロンのスローガンは、
    ともに楽しみ、ともに学び、ともに語ろう
    そっと地域の役にたちたい 仲間とともに
    楽しみは、野川や玉川上水などの散策や美しい村
    巡り、お江戸散歩などのアウトドア活動やグルメ巡り、
    学びは、身近な健康講座や終活講座でメンバーが
    講師の相互学習的な色合いが強い。
    語ろうは、全員集合の暑気払いや忘年会以外にも、
    会員がトピックスを提供して語り合う場や調布よさこ
    いやYDASに参加した機会に会員の相互理解を深
    めている。
    健康講座には余り積極的には関わってこなかったが、
    昨日、寝たきりに成った母を湯河原ゆうゆうの里の
    ケヤーセンターに訪ねて、終末医療のあり方に付いて
    いろいろ考えさせられた。
    2012年に倒れて外部の病院に入院したが、医療的
    に最善を尽くすという病院での治療方針が合わずに、
    食事が取れない状態に陥り、胃婁の判断を求められ
    る事態に成った。
    医療的にはベストの判断とは言えなかったが、思い切
    って退院させて、これまで暮らして来たゆうゆうの里の
    ケヤーセンターでお世話に成ることにした。
    束縛から解放されたことから、徐々に食事が取れる様
    に成り、認知症は進んだものの、健康状態は奇跡と
    思えるほど回復、今では自分でスプーンを持って流動
    食を完食できるほどに成り、1昨日で94歳の誕生日を
    迎えることもできた。
    終末医療の現場を知るに付け、人間に取って精神的
    に開放されることと食事を取るという事の重さを改めて
    感じさせられた一日だった。
    ゆうゆうの里のケヤーセンターの皆様の献身的な看護
    には本当に感謝している。
      


  • 2015年12月13日

    わいわいサロン忘年会

    2015年のわいわいサロン忘年会は「えん屋」調布北口店で。
    日曜日の夕方、雨の中40数名の会員が集まった。
    野口代表から2015年度の活動報告があり、実に年間で19
    もの多様な活動が行われていたことにはびっくりぽん。
    この指とまれ方式で、次々と新しい企画が提案され、充実した
    1年に成った。
    今日が誕生日だった畑下さんには、サプライズでバースデー
    ケーキが登場。

    各テーブルでは、わいわいサロンの花が咲いた。




    2015年に入会した5名が自己紹介したが、既に活躍しているメンバー
    も多く、来年への決意表明をした人も。


      


  • 2011年11月14日

    お待ちかね、エンタク先生の睡眠講座第2弾!

    ストレスフルな現代社会!face07

    ぐっすり寝て、爽やかに目覚めて、「さあー、新しい一日を元気に」と始めたいものです。

    しかし、眠りはデリケート。 羊を数えても、数えても目が冴えてという夜もありますよね。face15

    「食と睡眠で、調布を日本一元気な街に」が遠藤先生のスローガン。

    良き睡眠の秘訣を聞きにいらして下さいface02

    11月19日(土)15時30分 調布教育会館 201会議室
    講師 遠藤拓郎医学博士(スリープクリニック調布院長)
    参加費 100円(お茶代) 

      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 22:35Comments(0)高齢を幸齢にプロジェクト

    2011年11月07日

    人は眠れなくても死にません!

    「人は眠れなくても死にません!」

    年齢とともに、生活リズムと眠りの質が変わり、
    眠れない事に悩んでいるシニアが多いです。

    そんな方のために、高齢を幸齢にプロジェクトでは、
    睡眠に関しての第一人者、スリープクリニック調布院長である、
    遠藤拓郎ドクターにお願いして、睡眠に関するお話をいただきます。

    前回大変好評をいただいた企画で、今回が2回目となります。
    表題のセリフは前回のお話で、
    開口一番に遠藤ドクターがおっしゃった言葉です。

    眠れないと真剣に悩んでいるシニアに睡眠測定器をつけてもらうと、
    ちゃんと随時いねむりをしているそうです。

    10時に寝なくちゃと思わずに、自分が眠れる時間まで、
    テレビを見るなり、本を読むなりして、寝なくちゃと思わない事が、
    自分にあった時間がくれば眠れる秘訣だというお話もありました。

    とてもお話が上手で、パワフルで、引きつけられるドクターです。
    事前申し込みなどは必要ありません。
    ぜひご参加ください。



    日時:11月19日(土)15:30~17:00
    会場:調布市教育会館2階 201会議室 (たづくり南)
    定員:先着40名
    参加費:100円(お茶代として)

    なにかご質問などありましたら、
    前日までにコメント欄にお願いします。     <Y>



      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 11:28Comments(0)高齢を幸齢にプロジェクト

    2010年09月20日

    ぴんぴんコロリ

    元気に暮らして、寿命がきたらコロリといけたら良いと思いませんか?

    今週の土曜日は、そんな「ぴんぴんコロリ」の為のお話です。
    今回は第1回で、「呼吸の大切さ」がテーマです。

    予防医学に力をいれていらっしゃる、桑野雄介先生がシリーズでお話くださいます。

    9月25日(土)14:00~16:30
    調布市総合福祉センター2階 203会議室
    当日先着50名
    無料です。

    みなさまの参加をお待ちしています。                    <Y>

      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 21:13Comments(0)高齢を幸齢にプロジェクト