たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  調布市 調布市


2018年04月08日

春の多摩川クリーン作戦に参加しました

4月8日、調布市主催「第76回多摩川クリーン作戦」に参加しました。
昨日までの強風も治まり、気持ちの良いお掃除日和です。


午前8時、長友市長の合図でスタート。
集まった参加者の多くは野球少年やシルバーの方達など。


一見綺麗そうでも飴の袋などがポイと捨てられています。


川の中にはどこから流れ着いたかたくさんのビニール袋が泥にもぐり枝に引っ掛かっています。


約1時間のお掃除終了。
皆さんご協力ありがとうございました。



  


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 16:55Comments(0)調布わいわいサロン

    2018年04月06日

    スタジアム通りお花見ウォーキング&武蔵野の森総合スポーツプラザ見学

    調布わいわいサロン今年のお花見は、市内の数ある桜の名所の一つ「スタジアム通り」・・・のはずでしたが、残念!既に終了していました。
    でも大丈夫。気まぐれな桜の開花を見越してあれこれ計画したコースです。参加された方々は楽しんでいただけたでしょうか。

    飛田給駅を出発して最初に目にしたのは八重桜。こちらも例年より10日以上早く見頃を迎えていました。
    御衣黄
    鬱 金
    関 山

    甲州街道を陸橋で越え、武蔵野の森総合スポーツプラザへ。


    翌日(4月6日)から始まる欅坂46公演準備のため、メインアリーナには入れずサブアリーナとプールを見学させていただきました。
    サブアリーナはバスケットボール、ハンドボールなどのコートを2面取ることができ、1面98畳の武道畳4面が収納されていました。
    プールは50m×8レーンで、この日は可動式の仕切りを使って25m×16レーンとして使用していました。水深も0㎝から3mまで変えられるそうです。
    プールとトレーニングルームは個人利用も可能です。
    屋上には太陽光発電パネルと太陽熱集熱パネルが張り巡らされており、照明、エレベーター、空調の電力などに利用。
    また、集めた太陽熱と冷温水発生機を使うことにより、温水と冷水を作ることもできるそうです。


    桜の散ったスタジアム通りを北上、東京外国語大学の前を通って都立武蔵野の森公園へ。
    入り口のすぐ左にあるのが「花とコニファー園」。カナダのブッチャートガーデンを模して作ったというおしゃれな針葉樹が植栽されています。


    その裏手に咲いていました!紅枝垂れ桜と花海棠。



    飛行場が見下ろせる「ふるさとの丘」には全国都道府県の石が置かれています。


    東京都の石は、①武蔵野の森公園を作るときに出てきた砂岩 ②奥多摩にある「山のふるさと村」にあった閃緑岩 ③伊豆大島にある「海のふるさと村」の浜辺の石 ④多摩川の石は粘板岩、シャールスタイン、チャート、砂岩、レキ岩、石灰岩など多様です。


    第二次世界大戦時に米軍の攻撃から守るために軍用機を格納した「掩体壕」。戦争の記憶を残す証拠とし、「平和の語り部」として保存されています。この掩対壕は当時の様子がわかるよう、入り口に格納されていた「飛燕」が描かれています。


    三鷹市大沢にある通称新車(しんぐるま)と呼ばれる日本でも有数の水車。江戸時代の文化5(1808)年頃に創設され、昭和43(1968)年頃に野川の改修によって水流が変わるまでの160年間まわり続けていました。現在も複雑な機構を持つ水車装置全体が良好な状態で保存されています。


    続いて近藤勇縁の地へ。

    生家は調布市野水。お墓のある龍源寺は三鷹市大沢。

    右から2番目が近藤勇、3番目は甥で婿養子の勇五郎、一番奥は勇五郎の子久太郎のお墓。

    飛行場東側を南下。ここも桜並木なのですが今日は・・・
    調布飛行場が昭和16年に竣工した当時に正門に設置された門柱が残されています。
    東京の「京」は異字体である「亰」の字を縦に貫いて「東」と読めるように悪戯されていました。
    傍らには第二次大戦中および戦後のこの地の役割を記す説明文が立ち、この門柱もまた悲惨な戦争を記憶にとどめる生き証人として保存されています。


    スタートから約5㎞、当初目的の桜並木は空振りでしたが、たくさんの自然の中を歩き、近代的スポーツ施設や歴史にも触れられた充実した一日でした。









      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 16:49Comments(0)調布わいわいサロン

    2018年03月28日

    神代曙再び

    調布わいわいサロンが昨年11月に植樹した「曙神代」は、初夏のような陽気に追い立てられるように花開きました。

    山門前






    不動堂前








    開花からあっという間に葉が出てしまいまいましたが、まだ蕾も残しています。
    わいわいサロンのたくさんの皆さんに見に来ていただきとても嬉しく思いました。
    年を重ね皆さんのように味わい深い姿に成長したいと願っていますのでどうぞ見守ってくださいね。   (神代曙)



      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 17:55Comments(0)調布わいわいサロン

    2018年03月24日

    神代曙

    昨年11月22日に調布わいわいサロン創立10周年記念事業として植樹した「神代曙」が開花しました。

    山門前の神代曙


    まだ数輪の開花です


    うらから見るとちょっと寂しい

     
    アップで一枚


    不動堂前の神代曙


    青空へ向かって元気です


    たくさんの蕾が開花の順番を待っています


    来週まで待てない!開花のお知らせでした。

      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 16:21Comments(0)調布わいわいサロン

    2018年03月23日

    調布わいわいサロン行事予定

    調布わいわいサロン4月・5月の行事予定をお知らせいたします。
    会員以外の方にご参加いただける催しもあります。
    ご興味があればお問い合わせください。


      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 22:31Comments(0)調布わいわいサロン

    2018年03月21日

    郷土博物館&下布田遺跡見学

    「調布の歴史講座」関連企画のファイナルイベントとして、3月14日、温かい陽気の中、「郷土博物館&下布田遺跡見学」が実施されました。その様子をご紹介します。

    最初の訪問先は調布市立「郷土博物館」。 京王多摩川駅からの合流者と合わせて参加者30名(会員29名、一般参加1名)が玄関前に集合しました。


    二班に分かれて、2Fの常設展示「調布の歴史」、1Fの企画展「ちょっと昔の暮らし」を、各々学芸員の十時さん(中央)と森さん(左)に案内して頂きます。 皆さん、近藤勇像の前で、まずは神妙に説明を拝聴。


    2F展示室では、第4回講座(昨年12月)で熱演して頂いた十時さんから、主に古代の展示物を詳しく解説して頂きました。 皆さん、講座を思い出しながら、観察したり質問したり大変熱心な様子。 尖頭器やナイフ形石器、石棒、縄文土器、このあと訪問する下布田遺跡の耳飾りや狐塚古墳の鉄剣などが印象的でした。





    また、1Fの企画展「ちょっと昔の暮らし」では、森さんから、懐かしい“ちょっと昔の”各種展示物を前に、これらは子供たちの学習だけでなく、認知症予防(地域回想法)にも役立っていると、大変興味深い話を伺いました。



    郷土博物館本館をあとにし、映画の碑を見た後、羽毛下通りを辿って古天神公園経由で、郷土博物館分室に向かいます。




    郷土博物館分室に到着


    分室では、十時さんからパンフ等で国指定史跡「下布田遺跡」や市指定史跡「下布田6号墳(狐塚古墳)」等の説明を頂いたあと、館内を見学しました。未整理の出土品も沢山あり、下布田遺跡では住居跡はなく祭祀中心の可能性が高いとの興味深いお話もありました。



    分室見学のあと、国指定「下布田遺跡」の中を通って、下布田古墳群の一つである「下布田6号墳(狐塚古墳)」に行き、十時さんから説明を受けました。狐が住んでいたため狐塚と命名され、現在は「歴史の広場」として保存・公開されているが、将来は国指定「下布田遺跡」との一体的な管理・活用構想もあるとの興味深いお話もありました。



    この地点で自由解散となりましたが、希望者はさらに、旧甲州街道沿いにある高津装飾美術(株)の「PAL(芸術美術文庫)」に向かい、訪問しました。 裏手にある倉庫群がなんと映画等に使う大道具・小道具の保管倉庫らしき様子にビックリ。 PAL内の展示物は源氏物語(平安時代)関連のものなど(香道、貝合わせ、双六、衣装、牛車、駕籠etc)大変面白かったのですが、撮影ご法度で掲載不可なので、ご容赦ください。




    以上、大変有意義な一日を楽しめました。






      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 17:28Comments(0)調布わいわいサロン

    2018年03月07日

    神代曙

    昨年11月に「調布わいわいサロン」10周年記念事業として植樹した「神代曙」


    厳しい冬を越し、小さな芽が膨らみました。


    今日は名無しだった不動堂前に植えた神代曙に、遅ればせながらプレートを立てます。


    不動堂への階段を上がる左手に、その神代曙の案内役は立っています。


    みんなの手で植えた神代曙、あとは開花を待つのみとなりました。



      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 22:16Comments(0)調布わいわいサロン

    2018年03月02日

    調布わいわいサロン行事予定

    調布わいわいサロン3月・4月の行事予定をお知らせします。
    会員以外の方にご参加いただける催しもあります。
    ご興味があればお問い合わせください。


      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 23:06Comments(0)調布わいわいサロン

    2018年02月24日

    見学記念号

    2月21日に、読売新聞府中工場見学に行った時に見学記念に集合写真を撮っていただいた。それをA4の大きさに新聞仕立てにしパウチして人数分読売新聞府中工場から送ってくださった。
    新聞に掲載⁉️





      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 14:23Comments(0)調布わいわいサロン

    2018年02月23日

    府中郷土の森

    梅まつりが2/3-3/11まで開催されてますが、今年は寒く早咲きの梅が咲いているだけでした。
    正門を入って右手に、紅梅の枝垂れ梅


    旧島田家住宅では、お雛様が幾つが飾られてます。


    梅の香りが側に立っているだけで匂いました。野梅




    博物館では、特別展 徳川御殿@府中 同時開催されていました。家康が鷹狩りの途中に休憩や宿泊をした府中御殿の発掘資料などが展示されてました。


      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 18:09Comments(0)調布わいわいサロン

    2018年02月23日

    読売新聞&府中郷土の森

    カルチャーチームの企画 21日(水)参加者23名が、中河原駅に集合し読売新聞府中工場へ向かいました。


    新聞の出来上がる様子を案内していただきました。最初に取材記者がPC入力した記事を本社に送信→本社で紙面用に手直しして府中へ→各面ごとに記事や写真などを組み立て→CTP全自動製版機アルミ版(99.8含有率)にデータを記録するプリンター. 使用後は、アルミホイルやサッシなどに再利用される。


    輪転機1分間で1000部印刷される


    巻き取り紙から新聞を折り機まで最長65mを時速38.5㎞で印刷
    1tパルプ40ページ5500枚印刷可能(古紙70%含む)


    カラー印刷のインクは、赤、青、黄、黒 使用
    インクの原料


    損紙は、2%以下


    紙の為に空調湿度は一定に保たれている




      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 14:55Comments(0)調布わいわいサロン

    2018年02月23日

    「調布の歴史講座」第6回を開催しました

    調布わいわいサロン創立10周年記念企画、調布の歴史講座「歴史に学ぶ昔の調布、今の調布」第6回を開催しました。


    今回は「戦時下の調布 あれこれ話」~調布飛行場と軍需工場、そして当時の町村生活~をテーマに、郷土史家であり三多摩戦時研究会会員でもある古橋研一氏にご講演頂きました。



    第1部では、古橋氏の豊富なご経験と信念等を基に、歴史一般について、何が重要なのかについて熱の籠った話をして頂きました。


    その後、過去だけでなく今を記録することの重要性や江戸時代の詳細記録にも触れ、本題の戦時下の話に入り、調布での空襲経緯等を説明頂きました。


    第2部では、調布飛行場の建設、調布空襲の理由、調布の戦争犠牲者・空襲被害、帝都防空の要(緑地帯、震天隊)、米軍搭乗員殺害事件、等の状況が、貴重な資料と共に紹介されました。



    調布の歴史講座最終回にあたり、調布市生涯学習交流推進課半澤課長よりご挨拶頂いたあと、全6回を受講された71名の皆様には、調布市および調布わいわいサロンより「調布の歴史マイスター」認定証が授与されました。



    また、調布のランドマーク深大寺を紹介する不思議なカードと、境内で集めたムクロジの実をセットにしたわいわいサロン手作りの副賞が贈られました。

         

    昨年9月より6回に亘って行って参りました調布の歴史講座「歴史に学ぶ昔の調布、今の調布」は今回を持って終了致しました。
    ご参加くださいました皆様ありがとうございました。
    またどこかでお会いしましょう。

      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 01:43Comments(0)調布わいわいサロン

    2018年02月02日

    調布わいわいサロン行事予定

    調布わいわいサロン2月・3月・4月の行事予定をお知らせします。
    会員以外の方にご参加いただける催しもあります。
    ご興味があればお問い合わせください。


      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 18:22Comments(0)調布わいわいサロン

    2018年01月15日

    「調布の歴史講座」第5回を開催しました

    調布わいわいサロン創立10周年記念企画、調布の歴史講座「歴史に学ぶ昔の調布、今の調布」第5回を開催しました。


    今回は「調布の道と鉄道」~人の営みと共に作られていった道と鉄道~と題し、調布の街の姿の基になった“道”と、市民の足となっている“鉄道”について学びました。

    第1部の講師は郷土博物館学芸員の 小野崎 満 氏
    品川道、鎌倉道、筏道、甲州道中など、人々の暮らしの中での道の役割、特に甲州道中の宿場としての役割、意味など興味深いお話でした。


    甲州道中は徳川幕府が万が一の退路として整備されたのではないかと考えられる。


    手元に残る享保の年号の道中手形


    布田5宿(国領、下布田、上布田、下石原、上石原)は、前後の宿場間の人足や馬を積み替える宿継ぎを6日間交代で担った。


    宿場ごとに25人、25匹(馬)を常備するよう定められ、街道に面する家々の敷地の間口に応じて割り当てられたため、間口が狭く、奥行きの深い宿場独特の短冊地割ができていった。





    第2部

    講師は京王電鉄株式会社鉄道事業本部工務部
    工事計画担当課長 大恵 勝 氏


    大正2年に京王電気軌道として笹塚~調布間に開業、戦時統合の後、昭和23年に京王帝都電鉄として再発足、平成10年に京王電鉄と改称した。


    その後、線路の延伸、立体交差の推進などで輸送力を増していった。




    中でも調布駅周辺の連続立体交差事業は、日々の運行を続けながら線路の下で工事は進み、あらゆる事態を想定し、準備し、シュミレーション、リハーサルを重ねて遂行された。




    18か所の踏切解消と8か所の立体交差により渋滞が緩和されたこの事業が、調布市民生活に寄与するところは大きいと言える。


    この講演会は昨年9月より6回シリーズで行っています。







      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 10:15Comments(0)調布わいわいサロン

    2018年01月05日

    柴又七福神巡り

    調布わいわいサロン2018年最初の行事は恒例の七福神巡り。
    今年は寅さんと矢切の渡しで人気の「柴又七福神」を巡ります。

    良観寺の布袋尊は如何にも包容力のありそうなお姿。


    弁財天をお祀りする真勝院は創建から1200年を超える古刹。


    穏やかな日和で凧揚げをする親子や矢切の渡しに乗船する人々の姿も。


    山本亭の庭園は米国の日本庭園専門誌「Sukiya Living(数寄屋リビング)/ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」が実施している日本庭園のランキング調査で3位にランクインています。


    お昼ご飯は寅さんのオブジェが店頭を飾る「亀家本舗」で。

    冬のランチ(1,080円)には柴又名物草だんごも付いています。


    映画「男はつらいよ」で日本中に知られる帝釈天題経寺。
    毘沙門天は帝釈堂に板本尊の脇侍として持国天と共に配置されており、この二天門に安置されている増長天と広目天は奈良時代の造像と伝えられています。

    回廊から拝見する邃渓園、大客殿の日本一の南天の床柱、「法華経」の説話に基づく木彫の彫刻ギャラリーは見事。
    塀には渥美清と賠償千恵子の名前も。
         

    福禄寿を祀る万福寺は昭和創建のお寺。


    宝生院の大黒天は江戸期から将軍家をはじめとし信仰を集めていたと伝えられます。

    こんなユニークな大黒様も。


    医王寺の恵比寿天は釣竿を大きく振り上げて躍動的なお姿でした。


    長寿延命の神様寿老人を祀る観蔵寺で柴又七福神巡りを締めくくりました。




     





      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 23:00Comments(0)調布わいわいサロン

    2017年12月28日

    「調布の歴史講座」第4回を開催しました。

    調布わいわいサロン創立10周年記念企画、調布の歴史講座「歴史に学ぶ昔の調布、今の調布」第4回を開催しました。

    今回は~いにしえ人・場所に思いをはせて~と題し、遺跡から見る古代の調布の人々の暮らしを学びました。



    第1部の講師は郷土博物館学芸員の十時俊作氏。


    調布市はこの位置に、3段の雛壇の地形になっています。


    旧石器時代の矢尻や斧


    縄文時代の出土品は多く、無傷で発見された土器や、国の重要文化財に指定された耳飾りなど。


    調理場を備えた竪穴式住居や動物を捕獲するための落とし穴など、当時の生活が窺える興味深い遺跡も。


    インフルエンザで欠席の第2部担当講師に変わり、出土銭についても解説いただきました。


    今回は郷土博物館に所蔵されていた東京オリンピック当時の調布の風景などが記録されている「私たちが見たオリンピック」を上映しました。

    1964年当時の調布市内を走る聖火、競歩、マラソンの選手たち。
    競技終了後の街の清掃をする婦人会の人々、ボーイスカウト少年たちなど懐かしく鑑賞しました。

    この講演は来年2月まで6回シリーズで行っています。









      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 14:12Comments(0)調布わいわいサロン

    2017年12月21日

    調布わいわいサロン行事予定

    調布わいわいサロン1月・2月の行事予定をお知らせします。
    会員以外の方にご参加いただける催しもあります。
    ご興味があればお問い合わせください。



      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 17:34Comments(0)調布わいわいサロン

    2017年12月10日

    深大寺の歴史をこの目で見てきました

    調布の歴史講座「歴史に学ぶ、昔の調布、今の調布」の関連企画第3弾として、「深大寺の歴史をこの目で見てみよう」と深大寺を訪れました。

    まず本堂でのご住職の法話。

    開催日の12月8日は奇しくもお釈迦様が悟りを得たと伝えられる成道会(じょうどうえ)にあたるとのこと。

    つづいて晩秋の境内散策
    元禄の世からここに建つ山門はさすがの風格


    今は静かな鐘楼も大晦日には鐘撞きの行列ができます


    お大師堂もお正月前で穏やかな人出


    9月に国宝になられた白鳳仏を拝観
          

    深大寺の縁起にまつわる深沙大王堂もお参りしました

    続いて向かったのは名店「そばごちそう門前」

    店主から深大寺蕎麦の由来や深大寺を訪れた文士との交流などお話いただきました

    最後に訪れたのは深大寺城址への道


    このフカフカの落ち葉の道をいにしえ人も歩いたのでしょうか


    「深大寺」の寺、城、蕎麦を堪能した一日でした





      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 22:08Comments(0)調布わいわいサロン

    2017年12月04日

    調布わいわいサロン行事予定

    調布わいわいサロン12月・1月の行事予定をお知らせします。
    会員以外の方にご参加いただける催しもあります。
    ご興味があればお問い合わせください。



      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 10:14Comments(0)調布わいわいサロン

    2017年12月02日

    記念植樹

    調布わいわいサロンは創立10周年記念行事のひとつとして記念植樹を行いました。

    11月22日、深大寺へ「神代曙」を2本献木・植樹致しました。


    一本は山門に向かって右側の土手に


    一本は不動堂に向かって左側の土手の上に


    調布市内に「神代曙」を植樹したのはこれが初めてとのこと


    当日集った会員全員の手で植樹をしました。

    調布わいわいサロンはこれからも次世代が住みよい『わがまち調布』のまちづくりのために力を合わせてまいります。




      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 13:51Comments(0)調布わいわいサロン