たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  調布市 調布市


2018年01月15日

「調布の歴史講座」第5回を開催しました

調布わいわいサロン創立10周年記念企画、調布の歴史講座「歴史に学ぶ昔の調布、今の調布」第5回を開催しました。


今回は「調布の道と鉄道」~人の営みと共に作られていった道と鉄道~と題し、調布の街の姿の基になった“道”と、市民の足となっている“鉄道”について学びました。

第1部の講師は郷土博物館学芸員の 小野崎 満 氏
品川道、鎌倉道、筏道、甲州道中など、人々の暮らしの中での道の役割、特に甲州道中の宿場としての役割、意味など興味深いお話でした。


甲州道中は徳川幕府が万が一の退路として整備されたのではないかと考えられる。


手元に残る享保の年号の道中手形


布田5宿(国領、下布田、上布田、下石原、上石原)は、前後の宿場間の人足や馬を積み替える宿継ぎを6日間交代で担った。


宿場ごとに25人、25匹(馬)を常備するよう定められ、街道に面する家々の敷地の間口に応じて割り当てられたため、間口が狭く、奥行きの深い宿場独特の短冊地割ができていった。





第2部

講師は京王電鉄株式会社鉄道事業本部工務部
工事計画担当課長 大恵 勝 氏


大正2年に京王電気軌道として笹塚~調布間に開業、戦時統合の後、昭和23年に京王帝都電鉄として再発足、平成10年に京王電鉄と改称した。


その後、線路の延伸、立体交差の推進などで輸送力を増していった。




中でも調布駅周辺の連続立体交差事業は、日々の運行を続けながら線路の下で工事は進み、あらゆる事態を想定し、準備し、シュミレーション、リハーサルを重ねて遂行された。




18か所の踏切解消と8か所の立体交差により渋滞が緩和されたこの事業が、調布市民生活に寄与するところは大きいと言える。


この講演会は昨年9月より6回シリーズで行っています。







  


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 10:15Comments(0)調布わいわいサロン

    2018年01月05日

    柴又七福神巡り

    調布わいわいサロン2018年最初の行事は恒例の七福神巡り。
    今年は寅さんと矢切の渡しで人気の「柴又七福神」を巡ります。

    良観寺の布袋尊は如何にも包容力のありそうなお姿。


    弁財天をお祀りする真勝院は創建から1200年を超える古刹。


    穏やかな日和で凧揚げをする親子や矢切の渡しに乗船する人々の姿も。


    山本亭の庭園は米国の日本庭園専門誌「Sukiya Living(数寄屋リビング)/ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」が実施している日本庭園のランキング調査で3位にランクインています。


    お昼ご飯は寅さんのオブジェが店頭を飾る「亀家本舗」で。

    冬のランチ(1,080円)には柴又名物草だんごも付いています。


    映画「男はつらいよ」で日本中に知られる帝釈天題経寺。
    毘沙門天は帝釈堂に板本尊の脇侍として持国天と共に配置されており、この二天門に安置されている増長天と広目天は奈良時代の造像と伝えられています。

    回廊から拝見する邃渓園、大客殿の日本一の南天の床柱、「法華経」の説話に基づく木彫の彫刻ギャラリーは見事。
    塀には渥美清と賠償千恵子の名前も。
         

    福禄寿を祀る万福寺は昭和創建のお寺。


    宝生院の大黒天は江戸期から将軍家をはじめとし信仰を集めていたと伝えられます。

    こんなユニークな大黒様も。


    医王寺の恵比寿天は釣竿を大きく振り上げて躍動的なお姿でした。


    長寿延命の神様寿老人を祀る観蔵寺で柴又七福神巡りを締めくくりました。




     





      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 23:00Comments(0)調布わいわいサロン

    2017年12月28日

    「調布の歴史講座」第4回を開催しました。

    調布わいわいサロン創立10周年記念企画、調布の歴史講座「歴史に学ぶ昔の調布、今の調布」第4回を開催しました。

    今回は~いにしえ人・場所に思いをはせて~と題し、遺跡から見る古代の調布の人々の暮らしを学びました。



    第1部の講師は郷土博物館学芸員の十時俊作氏。


    調布市はこの位置に、3段の雛壇の地形になっています。


    旧石器時代の矢尻や斧


    縄文時代の出土品は多く、無傷で発見された土器や、国の重要文化財に指定された耳飾りなど。


    調理場を備えた竪穴式住居や動物を捕獲するための落とし穴など、当時の生活が窺える興味深い遺跡も。


    インフルエンザで欠席の第2部担当講師に変わり、出土銭についても解説いただきました。


    今回は郷土博物館に所蔵されていた東京オリンピック当時の調布の風景などが記録されている「私たちが見たオリンピック」を上映しました。

    1964年当時の調布市内を走る聖火、競歩、マラソンの選手たち。
    競技終了後の街の清掃をする婦人会の人々、ボーイスカウト少年たちなど懐かしく鑑賞しました。

    この講演は来年2月まで6回シリーズで行っています。









      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 14:12Comments(0)調布わいわいサロン

    2017年12月21日

    調布わいわいサロン行事予定

    調布わいわいサロン1月・2月の行事予定をお知らせします。
    会員以外の方にご参加いただける催しもあります。
    ご興味があればお問い合わせください。



      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 17:34Comments(0)調布わいわいサロン

    2017年12月10日

    深大寺の歴史をこの目で見てきました

    調布の歴史講座「歴史に学ぶ、昔の調布、今の調布」の関連企画第3弾として、「深大寺の歴史をこの目で見てみよう」と深大寺を訪れました。

    まず本堂でのご住職の法話。

    開催日の12月8日は奇しくもお釈迦様が悟りを得たと伝えられる成道会(じょうどうえ)にあたるとのこと。

    つづいて晩秋の境内散策
    元禄の世からここに建つ山門はさすがの風格


    今は静かな鐘楼も大晦日には鐘撞きの行列ができます


    お大師堂もお正月前で穏やかな人出


    9月に国宝になられた白鳳仏を拝観
          

    深大寺の縁起にまつわる深沙大王堂もお参りしました

    続いて向かったのは名店「そばごちそう門前」

    店主から深大寺蕎麦の由来や深大寺を訪れた文士との交流などお話いただきました

    最後に訪れたのは深大寺城址への道


    このフカフカの落ち葉の道をいにしえ人も歩いたのでしょうか


    「深大寺」の寺、城、蕎麦を堪能した一日でした





      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 22:08Comments(0)調布わいわいサロン

    2017年12月04日

    調布わいわいサロン行事予定

    調布わいわいサロン12月・1月の行事予定をお知らせします。
    会員以外の方にご参加いただける催しもあります。
    ご興味があればお問い合わせください。



      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 10:14Comments(0)調布わいわいサロン

    2017年12月02日

    記念植樹

    調布わいわいサロンは創立10周年記念行事のひとつとして記念植樹を行いました。

    11月22日、深大寺へ「神代曙」を2本献木・植樹致しました。


    一本は山門に向かって右側の土手に


    一本は不動堂に向かって左側の土手の上に


    調布市内に「神代曙」を植樹したのはこれが初めてとのこと


    当日集った会員全員の手で植樹をしました。

    調布わいわいサロンはこれからも次世代が住みよい『わがまち調布』のまちづくりのために力を合わせてまいります。




      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 13:51Comments(0)調布わいわいサロン

    2017年11月23日

    「調布の歴史講座」第3回を開催しました

    調布わいわいサロン創立10周年記念企画、調布の歴史講座「歴史に学ぶ昔の調布、今の調布」第3回を開催しました。
    11月10日に行われた第3回のテーマは「深大寺の寺と城と蕎麦」

    第1部は深大寺ご住職張堂完俊氏による深大寺の歴史。


    白鳳仏国宝指定の経緯


    深大寺蕎麦への想い


    深大寺を訪れた著名人など


    数々のエピソードなどを巧みな話術で聴衆の心をひきつけました。




    第2部は郷土博物館係長立川明子氏による深大寺城の歴史。


    深大寺城築城当時の支配者の勢力争いなど歴史的位置づけ


    発掘調査による文化的価値


    今後の史跡整備計画などにつきお話いただきました。


    この講演会は来年2月まで6回シリーズで行っています。


      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 11:50Comments(0)調布わいわいサロン

    2017年11月07日

    「日本で最も美しい村を知る」講演会

    爽やかな秋晴れに恵まれた11月3日「日本で最も美しい村」の講演会がたづくりで開催されました。
    「日本で最も美しい村連合」前事務局長を講師にお招きして始めた講演は卓越した話術と美しく流れる映像によって出席した皆様を魅了させた時間となりました。




    日本の美しい村連合は2005 年に設立され、10000 人以下の町村で、生活の営みにより作られてきた景観や環境、伝統文化を地域資源を認定している。その起源は1982年設立された「フランスの最も美しい村」からでした。2012 年に「世界で最も美しい村連合」が設立し、現在フランス、ベルギー、カナダ、イタリア、スペイン、日本が加盟しています。

    日本には、素晴らしい地域資源を持ちながら、観光地でもなく注目を浴びる事のない過疎にある美しい町村が沢山ありますが、それらの地域の人々が自らの地域に誇りを持ち、町づくり活動を通して地域資源の保護と活性化をし、自立しようとしています。現在、63の町村が「日本で最も美しい村」連合に加盟されています。http://utsukushii-mura.jp/




    その後わいわいサロンの「美しい村倶楽部」のはじまりと活動報告がされました。「美しい村倶楽部」は5年間に11町村において、地元の地域資源を訪れ、食材にふれ、地元の方々との交流を行ってきました。




    今回のイベントを通して、「日本で最も美しい村」の活動の一層深まり、我々「美しい村倶楽部」も積極的に応援していきたいと気持ちを新たにしました。





      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 23:51Comments(0)調布わいわいサロン

    2017年11月05日

    京王線旧線路(仙川~調布)跡を辿る 

    調布の歴史講座「歴史に学ぶ、昔の調布、今の調布」の関連企画第2弾として、京王線旧線路跡ウォーク『仙川~調布間の旧線路跡を辿る』を実施しました。

    大正2年開業当初京王線は一部甲州街道を走っていました。


    旧柴崎停留所跡に建つ住宅  北浦停留所の名前は短期間
    道路と並行ではない     その後国領駅と改名された
                      
       
                      
    金子停留所(現つつじヶ丘)  国領停留所は常性寺前に 
    では甲州街道路上で乗降り   開業


    現調布駅の前の前の駅舎は調布銀座の前にありました


    線路跡には鉄のレールがモニュメントとして残り、


    市民の憩いの場となっていました。











    その後急勾配の改善と甲州街道併用区間を解消し、
      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 10:33Comments(0)調布わいわいサロン

    2017年10月27日

    「調布の歴史講座」第2回を開催しました

    調布わいわいサロン創立10周年記念企画、調布の歴史講座「歴史に学ぶ昔の調布、今の調布」第2回を開催しました。

    10月13日に行われた第2回のテーマは『映画のまち調布』

    第1部では、なぜ調布が映画のまちなのかということを知るため、映画関係のお仕事に携わってこられた旧日活・大映村の会事務局長宮嶋眞雄氏にお話しいただきました。
    昔の写真を見ながら、映画のまちとなっていく歴史的過程はとても興味深いものでした。




    第2部では、調布の映画のまちとしての現在そして未来に向けての取り組みについて、たづくり館長鈴木克昌氏にお話しいただきました。
    巧みな話術に引き込まれ、映画のまちを身近に感じられるようになったとのご意見を多くいただきました。




    この講演会は来年2月まで6回シリーズで行っています。








      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 10:16Comments(0)調布わいわいサロン

    2017年10月27日

    調布わいわいサロン行事予定

    調布わいわいサロン11月・12月の行事予定をお知らせします。
    会員以外の方にご参加いただける催しもあります。
    ご興味があればお問い合わせください。


      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 08:58Comments(0)調布わいわいサロン

    2017年10月03日

    「調布の民話」~調布にもこんな語り伝えられた話があったんだ!

    調布の歴史講座「歴史に学ぶ、昔の調布、今の調布」の第1回『調布の地名の由来と歴史』の関連企画第1弾として、朗読劇『調布の民話』を開催。手作り絵本や映像を使って楽しいショーに仕立てました。



    調布の庶民の生活の中から生まれ、語り継がれてきた民話を「民話研究会」の人たちがまとめた『調布の民話集』から、6編のお話を選びました。

    ●第1話「柏の里の物語」:深大寺を創建された満功上人の祖父から始まる、深大寺開創の物語


    ●第2話「千年の藤」:国領神社の千年の藤に残された悲話


    ●第3話「広福長者」:天神様のお告げを受け木綿の布を作って朝廷に献上したという、布田天神縁起の物語
    手作り絵本の登場です




    ●第4話「妙円地蔵」:恵まれない境遇のうえに失明して出家し、村びとのために路傍で鉦をたたいて念仏を唱えた寿量妙円のお話


    ●第5話「お諏訪さま」:諏訪神社のお札が盗まれ、やがて戻る。 庶民の思いの詰まったお話


    ●第6話「最後のばかし」:京王線開通で安住の地を脅かされる調布に棲むキツネたちの最後の抵抗のお話
    再び手作り絵本の登場です




    途中の休憩時間には聴講の方たちと一緒に北原白秋の詩「五十音」と「寿限無」でお口の体操


    語り部はすべて調布わいわいサロン会員の素人です。集まっての通し練習は4回だけでしたが、一つのものを作り上げる楽しさを分かち合う良いチームでした。
    こんなに楽しい経験ができて、観客の方にも喜んで頂けたとしたらこれ以上の幸せはありません。



    最後に、児童文学者・民話研究家の西本鶏介氏の「調布の民話集」への寄稿文をご覧ください









      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 15:56Comments(0)調布わいわいサロン

    2017年09月27日

    調布わいわいサロン行事予定

    調布わいわいサロン10月・11月の行事予定をお知らせします。
    会員以外の方にご参加いただける催しもあります。
    ご興味があればお問い合わせください。


      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 14:08Comments(0)調布わいわいサロン

    2017年09月15日

    「調布の歴史講座」が開催されました

    調布わいわいサロンは創立10周年記念事業の一つ、調布の歴史講座「歴史に学ぶ昔の調布、今の調布」を調布市と共同開催しました。
    開会にあたり、調布わいわいサロン代表岸本勲氏よりの主旨説明に続き、調布市生涯学習交流推進課長半澤氏よりご挨拶いただきました。

      

    9月8日に開催した第1回のテーマは『調布の地名の由来と歴史』
    第1部では「調布」という市の名前の起源について、調布わいわいサロン代表岸本勲氏が講演。
    第2部では調布市内各地の地名の変遷について、調布わいわいサロン会員馬部美佐夫氏が講演されました。

      

    この講演会は来年2月まで6回のシリーズで行います。



      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 11:37Comments(0)調布わいわいサロン

    2017年09月14日

    渋沢資料館

    渋沢栄一の活動を広く紹介する博物館




    学芸員による渋沢栄一の生涯を熱心に聞く 予定時間をはるかに超え、一時間半の説明となった。


    資料館の並びに飛鳥山博物館と紙の博物館が、在り自由に見学 し流れ解散となった。  


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 16:32Comments(0)調布わいわいサロン

    2017年09月14日

    晩香廬

    渋沢栄一の喜寿を祝い、清水組(現在の清水建設)
    建てたものです。
    談話室の和風コードペンダントが吊り下がって、下から大きな四角に、台形の屋根を乗せその上に王冠のような飾りかある
    ペンダントの笠は、ガラスに淡貝の薄片を飾り作られている。


    ステンドグラスの枠も貝を使っている。


    テーブルと椅子や火鉢
    内装家具担当 森谷延雄 の全て統一されたデザインになっている。


      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 16:02Comments(0)調布わいわいサロン

    2017年09月14日

    飛鳥山 青淵文庫

    青淵文庫の建物は、竜門社が渋沢栄一の傘寿と子爵昇格を兼ねて贈ったそうです。


    閲覧室のステンドグラスは、渋沢家の家紋 柏
    をモチーフにし、中央には 寿 の飾り文字 両脇には、昇り竜 降り竜 がデザインされている。


    シャンデリア


    窓と窓の間にも、柏のモチーフの柱


    電気ストーブ
    大理石で囲まれた、ストーブはヒーターと蒸発皿があり、スチームの効能もあったと思われるそうです。


      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 15:39Comments(0)調布わいわいサロン

    2017年08月27日

    調布ヨサコイ

    今年も、調布ワイワイサロンは布多天神社の参道に出店 昨年好評の山形名物玉コンニャクと生ビールを販売
    玉コンニャク
    (山形から材料全て取り寄せて、ベテラン主婦が煮込ました。) 完売


    生ビール
    注ぎ方が、皆さんとても上手
    追加仕入れしたビールも完売




    天神様境内の仮設舞台では、ヨサコイ出演者による華やかな踊りが披露されていた。


    天気に恵まれて人出も多く感じられた。  


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 22:47Comments(0)調布わいわいサロン

    2017年08月26日

    調布わいわいサロン行事予定

    調布わいわいサロン9月・10月の行事予定をお知らせします。
    会員以外の方にご参加いただける催しもあります。
    ご興味があればお問い合わせください。


      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 19:12Comments(0)調布わいわいサロン