たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  調布市 調布市


2016年05月31日

深大寺の国蝶オオムラサキ

時差に因る睡眠不足と便秘による食欲不振で星野村から
帰京後に自宅で静養せざるを得ない状態が続いたが、
漸く体調が少し回復したので、久々に外出してランチを食べ、
深大寺方面を散策した。
一日1万歩の基準で月々万歩計預金を記録しているが、
今月は前半の黒字を後半2週間の赤字で食いつぶして、
3年間で初めての赤字決算。
深大寺境内で国蝶のオオムラサキがオリの中で飼育されて
いるのを見かけた。
蝶オタクとしては、食い入るようにエノキの葉っぱを探した。
漸く見つけた、2本の角を生やした大きく成った幼虫を。

オオムラサキは夏に生まれ越冬して合計5回の脱皮を繰り
返す。
7月には羽化するので最後の6齢中と思われた。
長野県の小川村の林道で、未だ小さい3齢中を10月にFB
友達の西条さんに教えて頂いて見つけたのは7年前。

小学校時代に初めてオオムラサキを捕虫網に取り込んだ時
の心臓の鼓動の感触は今でも覚えている。  


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 21:34Comments(0)まち歩きメンバーからのあんなことこんなこと

    2016年05月30日

    調布わいわいサロンの行事予定

    調布わいわいサロン6・7月の行事予定をお知らせします。
    会員以外の方にご参加いただける催しもあります。
    ご興味があればお問い合わせください。

      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 09:25Comments(0)調布わいわいサロン

    2016年05月28日

    羽田空港閉鎖の影響

    連合の戦略会議の2日目。
    6グループの代表者から様々の切り口での景観行政の発表
    があった。
    体調が悪いので断ってはいたが、結局6グループの発表に
    付いて個別に講評をすることに成った。
    集中して発表内容を聞き、メモをとるなど気力を振り絞っての
    作業に成った。
    今日の最終プログラムは星野村の現地視察。
    星野村へは5回目の訪問でもあり、体調も悪いので現地視察
    はパスして、早めに福岡空港に移動した。
    空港についてびっくり、羽田空港が閉鎖され、搭乗便もキャン
    セルに成っていた。
    直ぐに新幹線での帰京に変更して、博多駅に向かった。
    博多駅では自由席が空いていたが、山陽方面の途中駅から
    は、お客さんが次々に乗車してきて大混雑状態に。

      


  • 2016年05月28日

    星野村でのハードな戦略会議

    連合の総会、戦略会議の当日。
    星野小学校の生徒による星野太鼓の歓迎行事のあと、  
    定期総会。

    設立10年を超えた節目の年に、新たな試みとして、基調報告
    と浜田会長より連合ビジョンの提示を行った。
    ここに漕ぎ着けるまで、非常に苦労をしたこともあり、感無量の
    思い。

    総会終了後には、戦略会議の活動の柱に据えている学びの場
    の提供で、国交省出身の地域景観ユニットの統括主任研究員の
    松田泰明さんから「美しい村づくりを景観修景から考える」と言う
    演題で、基調講演を受けた。
    その後、星野地区の3名の民間人のパネラーによるパネルディ
    スカッション。
    15時からは、3Hの長丁場の町村長さんによる6グループに分
    けてのグループディスカッションと超ハードスケジュールで、首長
    さんからは泣きが入った。

    今日の最終プログラムは福岡県副知事や八女市長ほかの来賓
    を含めて約250名が参加した全体交流会。
    星野地区のお母さんたちが準備してくれた郷土料理他を堪能す
    るプログラムなるも、体調不良が酷く成ったので、直ぐに退席する
    ことになり、折角の料理は食べず仕舞い。





      


  • 2016年05月28日

    連合の定期総会、戦略会議始まる

    5月25日~27日の3日間、「日本で最も美しい村」連合の
    定期総会、戦略会議が福岡県八女市星野村で開催された。
    初日は記念植樹と連合理事会、理事懇親会が星野温泉池
    の山山荘で。
    カナダケベックでの世界で最も美しい村総会から帰国して、
    直ぐに星野村に移動したので、時差と便秘に悩まされて、眠
    れず体調は絶不調で、2週間に及ぶ長期出張は体力的に
    無理だと悲観的な境地に陥り、後半の現地視察はパスせざ
    るを得なかった。
    初日は、新旧理事メンバーによる茶の文化館での紅葉の記
    念植樹と星野茶の玉露を使った珍しいしずく茶を頂いた。



    理事会、理事懇親会と続いたが、元気が無い、説明に精彩を
    欠いたと指摘を受けた。



      


  • 2016年05月24日

    昔ながらのお煎餅や

    巣鴨のとげぬき地蔵商店街通り おばあさんの原宿と言われてる通りに、昔懐かしいお煎餅やさんが有りました。




      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 10:14Comments(0)メンバーからのあんなことこんなこと

    2016年05月24日

    門と蔵の広場

    開かずの蔵(旧 丹羽家住宅蔵) 登録有形文化財
    丹羽家は、江戸時代から明治後期にかけ染井を代表する植木職人の家であった。
    この蔵は、丹羽家8代目が昭和11年に木造だった蔵を、鉄筋コンクリートに建て直しされた。
    地下一階地上二階 公開は、土日祝日
    午前11-16時



    腕木門
    門は、腕木と呼ばれる梁で屋根を支える腕木門
    江戸時代後期に建てられたと推定されている





      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 10:09Comments(0)

    2016年05月24日

    駒込散歩

    駒込駅から本郷通りを古河庭園に向かって歩いて行く途中の左手に、しもふり通りと言う日本で一番長い(はてはて?)商店街へ寄ってみた。昭和がまだまだ残っているような商店街でした。その通りに防火用水とおぼしき中に、金魚が泳いでいてなんとも趣きがありました。






    商店街の途中、パン屋さんの手前を左に曲がり、直進すると染井吉野ゆかりの地との表示が有りました。


    駒込の一部は、(旧、駒込村染井)江戸時代染井と呼ばれ、巣鴨と共に植木の一大産地、オオシマザクラとエドヒガンの品種を改良して作られたと言われて、幕末から明治に全国に広まった。
      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 07:41Comments(0)メンバーからのあんなことこんなこと

    2016年05月23日

    古河庭園

    薔薇で有名な古河庭園に、出かけた。薔薇は、盛りはすぎたがまだまだ観られる。
    建物の中も、事前に郵送で申し込みすると見学が出来ます。当日、人数に空きがあれば見学可能有料(800円)




    日本庭園は、もみじの新緑が心地よい風を運んでくれて、とても爽やかでした。


      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 15:14Comments(0)メンバーからのあんなことこんなこと

    2016年05月22日

    ケベック料理の食べ歩き

    ケベック料理食べ歩き。
    美味しかったのは、ケベックシティーから170KM離れた美しい村
    ノートルダム・ド・ポルテージの子牛料理や総会ディナーでの
    肉料理、イルマトーのイタリアン。







    ?は中華のローメンで水分を吸った昔のチキンラーメン風、食べ過
    ぎを反省して旧市街のホテルに併設したSUBWAYでのブランチは
    5$以下と格安。



    概してケベックの料理のレベルは高いが、怪しげな寿司や中華など
    アジアンは?  


  • 2016年05月22日

    オオカミ犬Tシャツ

    ケベックシティーのブティックでオオカミの顔を大きく
    プリントしたTシャツを探して来たが、サイズが合わず
    に此処まで買わずに来た。
    街のカフェでオオカミ犬?を見かけたこともあり、結局
    ハスキー犬のTシャツを買った。
    店の人が言うにはオオカミのミックスで半分オオカミだと。


      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 08:01Comments(0)まち歩きメンバーからのあんなことこんなこと

    2016年05月21日

    ケベックの美しい村巡り

    ケベックでの国際会議の最終日はケベック協会の
    年次総会メニューが中心で、クロージングセレモニー
    以外は世界連合会メンバーの出番は無し。
    帰国するメンバーや個別にケベック協会加盟の村を
    巡るメンバーも多いことが分かり、急遽レンタカーを
    借りてセントローレンス側右岸の村を巡ることにした。


    最初にフェリーで右岸に渡り、ケベックシティーから
    170KMほど離れたNotre-Dame-Portage,Cacouna,
    Kamouraska,Saint-Pacomeの4村を巡った。











    地図も無いので、Google-mapのアプリを使っての移動。
    村人に聞いて教えて貰ったNotre-Dame-Portageの
    レストランは雰囲気、料理、値段とも大満足、多くの女性客
    で賑わって居た。





    ケベックの宿に戻ってイタリアンで夕食。



      


  • 2016年05月20日

    カナダケベックの美しい村視察

    世界で最も美しい村連合会総会の2日目は、ケベックの
    最も美しい村協会の18回目の総会とのジョイントワーク。
    ケベック側は20数名の村長さんや関係者が出席。
    開会に当たり全参加者が一口スピーチを求められる
    ハプニング。

    世界連合会側からは、昨日の総会で決まったスペインの
    加盟や連合の組織体制、事業報告、全加盟6カ国から
    ケベックメンバーへ各国の取り組みを報告したが、
    此処で突然日本の取り組みを説明するように振られたので、
    資料無しで仏語・英語でのチャンポン報告を何とか熟した。

    ランチの後には、待ちかねたケベック協会加盟の4村の視察。

    セントローレンス川の中にあるイル・ドリヨン島内のサント・
    ファミー、サン・ジョン、サン・ルーロンの3村、ワイン産地で
    ケベックシティーの対岸にあるサント・ペトニーを訪問、













    オフィシャルディナーもサント・ペトニーのオーベルジュで。




      


  • 2016年05月19日

    世界で最も美しい村連合会総会開催

    世界で最も美しい村連合会総会が開催され、スペインの加盟
    を承認。



    役員の改選で、会長にはベルギー協会のアラン会長、副会長
    は仏シャペル会長と日本の浜田会長、会計が仏プリミ会長。
    日本の最近の活動報告を仏語と英語のチャンポンで紹介。

    総会終了後にケベックシティーの市庁舎に移動、市長の話を聞く。

    2012年秋にカナダ大使館で開催した連合ガイドブックの出版
    記念パーティーに参加してくれた、当時のケベック協会会長の
    ガストン村長と3年半ぶりの再会。


      


  • 2016年05月19日

    世界で最も美しい村連合会総会前夜祭

    5月17日の夕方から、世界で最も美しい村連合会総会の
    公式行事がカナダのケベックシティーのホテルで始まった。
    参加国はフランス、イタリア、ベルギー、カナダ、スペイン、
    ロシアと日本の7カ国。
    17時から歓迎のカクテルパーティが宿泊先のAuberge
    Saint-Antoineで。
    カナダ協会からの歓迎挨拶のあと、各国代表者がスピーチ
    に立った。
    今回正式に入会が承認されるスペインや国内活動をスタート
    させたオブザーバ国のロシア関係者と情報交換。



    ベルギーは加盟村のビール詰め合わせ商品を紹介。

      


  • 2016年05月15日

    土曜出勤

    週明けより10日を超える長丁場のスケジュール。
    今日はカナダケベックでの「世界で最も美しい村連合会」総会
    や星野村での連合総会準備のために、事務局メンバー3人で
    土曜出勤。
    オフィス街で土曜日は休業の店が多く、ランチ場所が見つから
    ず、結局激辛ランチ。ビルも閑散としていた。


      


  • 2016年05月13日

    ミニミニカー

    全長2Mくらいの、ミニ自動車を見かけあまりの可愛らしさに思わずパチリ。一人乗りのようで、車の後ろのナンバーは 調布 となっていましたが、はてはて調布ナンバーなんて無いのに…でも前のプレートには、英語でパトロールと書いて有りました。


      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 13:07Comments(0)メンバーからのあんなことこんなこと

    2016年05月13日

    美瑛町日帰り弾丸ツアー

    旭川空港到着時の気温が8度台、東京から1.5ヵ月遅れ
    の桜咲く花冷えの美瑛町へ日帰り弾丸ツアー。
    行く先は浚渫して青色が増した青い池じゃなくて、町長室。
    帰京前に春野菜を堪能できたアスペルジュでディナー。




    来週は打って変わっての長期ツアーが待っており、
    16日~27日にカナダケベックへの世界連合会から星野
    村での連合総会へと続く。
    世界各国での最も美しい村運動は更なる広がりを見せて
    おり、アジアの時代が訪れる予感あり。
    棚田の中の黒い集合景観は何処の国のものでしょうか?


      


  • 2016年05月12日

    ブラシの木

    フトモモ科(オーストラリア原産)
    ブラシノキ属 常緑小高木
    別名 カリステモン(美しい雄しべ)
    ハナマキ キンポウジュ

    ブラシ状をした鮮紅色または、白い花房をつける。
    ブラシの毛に、見えるのは雄しべの花糸で、雄しべの花糸がはじけ出そうに出てくる。注意して見てみると、花糸が丸まっている様子が見られ、とても珍しいです。





      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 22:20Comments(0)メンバーからのあんなことこんなこと

    2016年05月11日

    お江戸散歩、日本橋・人形町下見

    調布わいわいサロンのウォーキングチームの第3回 お江戸散歩
    「日本橋・人形町」に参加した。
    午前中は神田の万世橋でお客様との会議があり、遅れて13時頃
    に銀座線日本橋駅近くで先発の7名に合流。
    日本橋川沿いの郵便発祥の地、銀行発祥の地、証券街や兜神社
    から人形町方面へ。
    老舗の食の名店の玉ひでや谷崎純一郎の生誕地跡のしゃぶしゃぶ
    店の看板を見て、新装成った水天宮、歌舞伎と歌で知られた「切ら
    れ与三とお富さん」の玄冶店碑、甘酒横丁を巡った。