たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  調布市 調布市


2016年08月30日

三島大社

創建は、不明だそうだが古くから三島の地に鎮座し、富士火山帯の根元の神 などが祀られていて、中世以降は武門武将の信仰篤く、明治には官幣大社に列せられた。


樹齢千余年の名木 楠の大木


天然記念物 樹齢1200年 金木犀


  


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 22:41Comments(0)メンバーからのあんなことこんなこと

    2016年08月30日

    三島梅花藻


    清流に咲く、キンポウゲ科 沈水植物
    花は、白色 花弁は5個で円形 基部は黄色 萼片は緑色




    三島名物 ウナギ


      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 22:18Comments(0)メンバーからのあんなことこんなこと

    2016年08月30日

    伊豆国分寺跡

    静岡三島市 昭和31年に発掘調査により寺域は、2町4方と推定され塔跡 礎石8個が遺構として保存され、国の史跡に指定されている。




      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 22:07Comments(0)メンバーからのあんなことこんなこと

    2016年08月29日

    美しい村フォトコンテスト

    「日本で最も美しい村」のフォトコンテスト応募が8月22日
    に締め切られ、最後の数日で応募数が大幅に増えた。
    一次審査を経て、9月6日に写真家の吉村和敏さんに最終
    審査をお願いしているが、今日「ベルギーの最も美しい村」
    全踏破の旅の写真展会場を訪ねて、最終審査の打ち合わ
    せをした。

    吉村さんには女性の固定客が多く付いており、コアのフアン
    を何人か見かけた。


      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 20:45Comments(0)メンバーからのあんなことこんなこと美しい村倶楽部

    2016年08月28日

    調布わいわいサロン、調布よさこい祭りに出店

    調布わいわいサロンは今年も調布よさこい祭りに出店。
    布田天神社の参道で、生ビールと飯豊町産の玉こんにゃく
    を販売。


    肌寒い天候には成ったが、ビールも玉こんにゃくも好評で、
    良く売れ、両品とも完売と成った。
    飯豊町から「日本で最も美しい村」連合の事務局長として
    出向している高橋さんが手伝いに駆けつけてくれた。
    味の決め手は出し汁にスルメを加えることノーハウを伝授
    してくれて、高円寺の飯豊町のアンテナショップからスルメ
    を持参して貰った。


    お蔭で、玉こんにゃくの売れ行きは絶好調で、160串分仕入
    れたこんにゃくが12時40分には完売。


    最後の一本を楽しみにしていた売り子メンバーも、お客さん
    に譲ることに。

    販売のお手伝いさん以外にも、風船づくり、マイカップのビール
    を飲む人、玉こんにゃくを食べる人など、調布わいわいサロン
    の参加者は25人も。



      


  • 2016年08月26日

    アルサスワイン祭りに上勝町若手メンバー参加

    上勝町彩りの谷さんが連合事務局を訪ねてくれた。

    今年の7月末のフランスアルサスのミツテンベルグハイム
    でのワイン祭りでの日仏交流の様子を聞かせて貰った。
    人口7百人の村に4千人もの人が集まる大盛況。
    地元の木を加工して流し素麺をするなどの国際交流で、
    フランス人も大喜び。
    ワイン祭りには昨年の連合の欧州研修に参加した若手
    メンバー4人が参加。
    その他上勝町の美しい村作りについて熱く語りあった。  


  • 2016年08月26日

    学校ボランティア全大会

    2016年度の調布市学校ボランティア全大会が開催された。

    教育委員会から調布市の学校ボランティアの全体状況や
    課題が紹介された後、各小・中学校の学校ボランティアの
    活動状況の報告があった。
    小学校4校、中学校2校の学校支援コーディーネータから
    生の苦労話が聞けて大いに参考に成った。
    代表副校長から学校側の視点からの話を聞いた後、
    6ブースに分かれて、ボランティア参加者との個別相談、
    意見交換の場が持たれた。
      


  • 2016年08月26日

    イタリア中部地震支援

    イタリア中部地震を受けて「世界で最も美しい村」連合会
    のベルギーのアラン会長より加盟国への支援の呼びかけ
    がされた。
    甚大な被害を受けたアマトリーチェは「イタリアの最も美しい村」
    の加盟村。
    ラティオ州のアマトリーチェ(Amatrice)の近くの加盟村の
    カステル・ディ・トーラには2010年に日本連合のメンバー
    が訪問している。
    日本側も浜田会長の指示で事務局にて対応を検討しており、
    既に伊協会、仏協会、ベルギー協会と連絡を取り合っている。  


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 19:19Comments(0)メンバーからのあんなことこんなこと美しい村倶楽部

    2016年08月20日

    澤乃井酒造

    創業は、元禄時代とか…お酒の作り方の講義❓を受け、酒蔵を見学し湧水が出ている場所も案内していただき、最後は、蒼天 というお酒な試飲をさせていただきました。
    酒蔵に保存されているお酒

    湧水


      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 09:14Comments(0)

    2016年08月20日

    御岳のレンゲショウマ

    今年は、雨は大丈夫と予報でも何度も 確認し出かけましたが、御岳駅に着くにつれ大雨でまたまた…靄がかかっている幻想的なレンゲショウマを鑑賞しました。お土産通りに向かうまでには、雨も上がり晴れてきました。山の天気は判らないですね〜


    御師の茅葺きの家

    黄レンゲショウマ


    ホタルブクロ


    シュウカイドウ






      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 09:01Comments(0)メンバーからのあんなことこんなこと

    2016年08月07日

    飯豊町の地域資源

    飯豊町の地域資源は田園散居集落、飯豊連峰、中津川地区
    の里山景観と里山文化。









    地域資源のタイトルは人の営みとの関わりや連合3戦略と
    リンクした活用面から微修正が必要と思われた。
    今年の飯豊山は例年に比較して驚くほど残雪が少ない。
    2014年8月上旬の同時期に、調布わいわいサロンの
    美しい村倶楽部メンバー16名で訪れた時の写真と比較
    すると一目同然。

      


  • 2016年08月07日

    飯豊町の多様な食の魅力

    多様な食も飯豊町の魅力。
    山郷の伝統料理だけでなく、農家イタリアンレストランの
    「エルベ」には近郷からランチにやってくるお客さんも多い。




    農家レストランの「こしゃる」では、神奈川と千葉から移住
    した船渡川夫妻の飯豊産牛肉カレーと食後には雪室熟成
    珈琲が楽しめる。





    農家民宿では、工夫を凝らした山菜やヤマメの味噌煮、
    芋汁を堪能した。

      


  • 2016年08月07日

    飯豊町の循環型社会モデル

    季刊日本で最も美しい村の夏号で紹介された飯豊町。
    人が最大の魅力だが、循環型社会の先進モデルとして
    の魅力も満載。
    家畜排せつ物処理施設の有機堆肥センター、



    木質バイオマス設備、雪室低温貯蔵施設など、未利用
    資源の活用に積極的に取り組んでいる。