たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  調布市 調布市


2018年01月15日

「調布の歴史講座」第5回を開催しました

調布わいわいサロン創立10周年記念企画、調布の歴史講座「歴史に学ぶ昔の調布、今の調布」第5回を開催しました。


今回は「調布の道と鉄道」~人の営みと共に作られていった道と鉄道~と題し、調布の街の姿の基になった“道”と、市民の足となっている“鉄道”について学びました。

第1部の講師は郷土博物館学芸員の 小野崎 満 氏
品川道、鎌倉道、筏道、甲州道中など、人々の暮らしの中での道の役割、特に甲州道中の宿場としての役割、意味など興味深いお話でした。


甲州道中は徳川幕府が万が一の退路として整備されたのではないかと考えられる。


手元に残る享保の年号の道中手形


布田5宿(国領、下布田、上布田、下石原、上石原)は、前後の宿場間の人足や馬を積み替える宿継ぎを6日間交代で担った。


宿場ごとに25人、25匹(馬)を常備するよう定められ、街道に面する家々の敷地の間口に応じて割り当てられたため、間口が狭く、奥行きの深い宿場独特の短冊地割ができていった。





第2部

講師は京王電鉄株式会社鉄道事業本部工務部
工事計画担当課長 大恵 勝 氏


大正2年に京王電気軌道として笹塚~調布間に開業、戦時統合の後、昭和23年に京王帝都電鉄として再発足、平成10年に京王電鉄と改称した。


その後、線路の延伸、立体交差の推進などで輸送力を増していった。




中でも調布駅周辺の連続立体交差事業は、日々の運行を続けながら線路の下で工事は進み、あらゆる事態を想定し、準備し、シュミレーション、リハーサルを重ねて遂行された。




18か所の踏切解消と8か所の立体交差により渋滞が緩和されたこの事業が、調布市民生活に寄与するところは大きいと言える。


この講演会は昨年9月より6回シリーズで行っています。







  


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 10:15Comments(0)調布わいわいサロン

    2018年01月12日

    今年一番の寒さ 草木に霜が降りていて良く近づいて観察してみると、雪の結晶を発見
    アジュカの葉に結晶


    スミレの花に霜


    ラムズイヤー




      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 10:04Comments(0)メンバーからのあんなことこんなこと

    2018年01月07日

    高尾山 山頂からの富士山

    高尾山 薬王院 新年から7日が経っても早朝からお詣りで賑わってました。


    山頂から富士山を望む




    宿り木
    ビャクダン科(ヤドリギ科)ヤドリギ属
    真冬でも枯れない縁起が良い植物
    簡単賑わっ取れない希少性を持ち合わせる珍しい植物 樹木の枝や幹に寄生して成長
    寄生根という根を幹の中に食い込ませ樹木から水分を吸収して成長


      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 17:45Comments(0)メンバーからのあんなことこんなこと

    2018年01月05日

    柴又七福神巡り

    調布わいわいサロン2018年最初の行事は恒例の七福神巡り。
    今年は寅さんと矢切の渡しで人気の「柴又七福神」を巡ります。

    良観寺の布袋尊は如何にも包容力のありそうなお姿。


    弁財天をお祀りする真勝院は創建から1200年を超える古刹。


    穏やかな日和で凧揚げをする親子や矢切の渡しに乗船する人々の姿も。


    山本亭の庭園は米国の日本庭園専門誌「Sukiya Living(数寄屋リビング)/ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」が実施している日本庭園のランキング調査で3位にランクインています。


    お昼ご飯は寅さんのオブジェが店頭を飾る「亀家本舗」で。

    冬のランチ(1,080円)には柴又名物草だんごも付いています。


    映画「男はつらいよ」で日本中に知られる帝釈天題経寺。
    毘沙門天は帝釈堂に板本尊の脇侍として持国天と共に配置されており、この二天門に安置されている増長天と広目天は奈良時代の造像と伝えられています。

    回廊から拝見する邃渓園、大客殿の日本一の南天の床柱、「法華経」の説話に基づく木彫の彫刻ギャラリーは見事。
    塀には渥美清と賠償千恵子の名前も。
         

    福禄寿を祀る万福寺は昭和創建のお寺。


    宝生院の大黒天は江戸期から将軍家をはじめとし信仰を集めていたと伝えられます。

    こんなユニークな大黒様も。


    医王寺の恵比寿天は釣竿を大きく振り上げて躍動的なお姿でした。


    長寿延命の神様寿老人を祀る観蔵寺で柴又七福神巡りを締めくくりました。




     





      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 23:00Comments(0)調布わいわいサロン

    2018年01月05日

    柴又 山本亭

    カメラ部品製造の創立者の自宅で、関東大震災後当地に四代にわたり使われていた。


    玄関の間 花菖蒲の襖絵


    旧玄関にある人力車


    舞の間


    鳳凰の間
    大理石のマントルピース


    昔の電話


    お正月飾り


    和室の照明








      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 05:41Comments(0)メンバーからのあんなことこんなこと

    2018年01月02日

    初日の出

    明けましておめでとうございます。
    元旦の日の出






    遠くに富士山を望む


    鴨の群れ


    つがいの鷺


      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 05:37Comments(0)メンバーからのあんなことこんなこと