たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  調布市 調布市


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局  at 

2015年12月04日

上島町でべそおばちゃんの店

「青いレモンの島」が商標登録されている愛媛県上島町を1泊
2日の行程で訪問、今回で3度目の島めぐり。
初日のランチは、がんこに変えない「でべそおばちゃんの店」
のレモン会席料理。
2009年8月21日と2015年12月3日の6年間の変化は?


香り高いレモン寿司、漁師さんが料理した鯛の刺身に鯵の南蛮
漬け、レモンポークの一品、味噌田楽が天婦羅に変わった以外
は盛り付けを含めて同じ品揃え。
デザートもレモンの花が開いたレモン茶とレモンゼリー。

6年前と変わってませんねと言ったら、変えませんねに言い直さ
せられた。
でべそとはでしゃばりの意味で、元気はつらつ3姉妹と食事をし
ながらお喋り三昧。


庭のレモンの木には黄色いレモンがたわわに生っていた。


  


  • 2015年12月02日

    再生可能エネルギーのまち中之条

    「日本で最も美しい村」連合の学習会が群馬県中之条町の
    伊参地区と六合地区で開催された。
    連合準会員で調布わいわいサロンのメンバーの和久田さん
    を加えて、2日間で30数名が参加。
    残念ながら2日目のプログラムは急遽欠席することに成り、
    朝6時前に宿の四万温泉を発ち、帰京した。
    現役時代に共に仕事をした後輩が急逝、葬儀に出席する為。
    今回の学習内容は、2013年に「再生可能エネルギーのまち
    中之条」宣言を出し、再生可能エネルギー推進条例を制定、
    着実に再生可能エネルギーのまちづくりを推進している中之
    条町から学ぶベストプラクティス。
    伊参地区の地域資源や町営の沢渡温泉第一太陽光発電所
    (2MWのメガソーラ)を見学した後、町と民間が出資して設立
    された、一般財団法人 中之条電力の山本代表理事より電力
    の地産地消の取り組み、とくに公民連携手法のしくみを学んだ。


    ソーラーパネル他のハードはリース方式(BLT)を活用、現在
    は町の公共施設への売電事業を展開、電力自由化の進展に
    伴い、地域全体への電力供給を目指している。
    この公民連携方式は、10月の連合の欧州研修で、ドイツの
    シュタットベルケの先進地のサンクトペーターを視察している。
    現地視察では、伊参地区の富沢家住宅、日本一の幹回りの
    モミの大木、近くに熊捕のオリを発見、中之条ビエンナーレの
    主会場に成った伊参スタジオ公園も見学。



    ビエンナーレで人気NO1だったジェット二宮金次郎の碑も
    あり、このミニチュアが30万円も売れたNO1商品に成った。

    宿泊先の国民宿舎のゆずりは荘での夕食懇親会には、
    中之条町の伊能町長も参加。
    夜遅くまで、今回の研修に参加した加盟町村のメンバー
    と語り合った。

    中之条町には今年、連合の再審査、ビエンナーレと今回
    の学習会と3回も来ている。