たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  調布市 調布市


2015年04月11日

調布わいわいサロン美しい村ツアー松崎町

調布わいわいサロンの美しい村倶楽部恒例の美しい村ツアー
を、今年は桜の時期に合わせて静岡県松崎町で実施した。
松崎町では、白い山桜が印象的な相模湾を見下ろす石部の棚田
や那賀川沿いの桜並木、なまこ壁民家、日本一のシェアーを
誇る桜葉漬けの小泉商店を訪ねて、帰路修禅寺にお参りした。

修善寺からバスで松崎町入り、先ずは役場に寄って佐藤副町長、
今回案内をお願いした山本課長、齋藤係長と合流、昼食会場の
若いご夫婦が経営する和食割烹の久遠へ。
新鮮な魚料理を堪能しながら、役場の皆様との昼食懇談会。
  • 40215松崎町久遠で昼食.jpg

昼食後に石部の棚田へ、棚田を見下ろす展望場所でバスを降り
て、棚田まで歩いて降りることに。
  • 40215松崎町石部の棚田全貌.jpg

周囲の山肌には白い山桜が多い、この訳がカツオを燻す山桜の
木の栽培がルーツと聞いて驚いた。
昔は伊豆の西海岸がカツオ漁で栄えたことは知らなかった。
結局、此処から海岸沿いの石部のバス停まで、約2KMの長閑
な棚田を散策することに成った。
石部の棚田は、荒れた耕作放棄地を復元した美しい棚田で、棚
田オーナー制度で都会からも多くの人が訪れる。
偶然、石部百笑の里の寄合所に稲苗の保温育苗の確認に来られ
た石部棚田保存会長の高橋周三さんに再会、棚田の話をメンバー
にして頂く。
  • 40215松崎町石部棚田稲苗の保温育苗.jpg

棚田では古代米を含む米の栽培以外に桜葉を収穫する大山桜の
畑もある。大山桜は生育が早く、春先のこの時期未だ低い木が
収穫期の夏には採取し易い人の腹部辺りまで成長する。
棚田には沢からの水入れが始まり、散策路では野蒜を見つけて
摘む人も。
  • 40215松崎町石部棚田桜葉畑.jpg
  • 40215松崎町石部棚田水入れ.jpg

石部のバス停から那賀川沿いの桜並木に向かい、花の摘み取
り園内も散策したが、園内にはリアル案山子も。
  • 40215松崎町那賀川沿いの桜並木.jpg
  • 40215松崎町花畑のリアル案山子.jpg

今夜の宿の伊豆まつざき荘に向かう途中で、さくら葉餅の
梅月園に寄っておやつタイム、桜葉を2枚使ったとても美味
しい桜餅だった。
まつざき荘での夕食懇親会には齋藤町長にも参加頂き、メン
バーとの歓談後に、歌も披露して頂いた。
  • 40215松崎町松崎荘での斉藤町長との夕食懇親会.jpg

翌朝は朝6時から1H、海岸沿いを歩いてから町内を散策した。
なまこ壁の民家が多く残されているのを再認識した。
  • 40315松崎町松崎港近くのなまこ壁民家.jpg

今日の行程は岩科学校を見学後、桜葉漬け製造の小泉商店を
訪れて話し上手な小泉社長の話を聞いた。
チーズに巻く桜葉をイタリアに出荷したり、大手ハムメーカー
に出荷したりと商売上手ぶりを披露して頂いた。
  • 40315松崎町岩科学校集合写真.jpg
  • 40315松崎町小泉商店桜葉漬け解説.jpg
  • 40315松崎町小泉商店桜葉ハム.jpg

その後、なまこ壁通りを散策して、地元の酒屋さんで石部の
棚田で収穫された黒・赤米を使った米焼酎の百笑一喜を仕入
れるメンバーも。
お母さんたちが地元の食材を持ち寄って驚きのワンコインで
のランチを提供している「蔵ら」での昼食。
  • 40315松崎町土徳酒店の棚田米焼酎百笑一喜.jpg
  • 40315松崎町蔵らで昼食.jpg




  • 同じカテゴリー(調布わいわいサロン)の記事画像
    九品仏浄真寺
    神代曙~その3~
    神代曙~その2~
    神代曙
    浄真寺のサギソウ
    ホームページを開設しました
    同じカテゴリー(調布わいわいサロン)の記事
     九品仏浄真寺 (2020-08-15 11:40)
     神代曙~その3~ (2020-03-24 17:25)
     神代曙~その2~ (2020-03-20 17:36)
     神代曙 (2020-03-18 22:34)
     浄真寺のサギソウ (2019-09-03 19:09)
     ホームページを開設しました (2019-04-04 05:39)


    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


    削除
    調布わいわいサロン美しい村ツアー松崎町
      コメント(0)