たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  調布市 調布市


2019年11月17日

山中城址公園

山中城は、戦国時代末期1560年代に小田原に本城をおいた北条氏が築城 全国的にも珍しい土だけの山城跡が残され遺構が復元されている。


障子堀と富士山


畝堀




旧箱根街道の石畳




  


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 21:44Comments(0)メンバーからのあんなことこんなこと

    2019年08月19日

    灯篭流しのフィナーレ

    宗教の垣根を超えて、サレジオ教会の方々の (ふるさとは今もかわらず)の合唱の歌声が聞こえる中、灯篭が流れてる川岸で花火があがりお開きとなりました。
    川面に映る 花火


    ナイアガラの滝⁇ かわいすぎ


      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 22:49Comments(0)メンバーからのあんなことこんなこと

    2019年08月19日

    野川灯篭流し

    厳かな雰囲気の中、野川灯篭流し


    今晩は、風が少し吹いていてゆらやらと川面を読経の声が聞こえる中灯篭流れています。









      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 18:56Comments(0)メンバーからのあんなことこんなこと

    2019年02月21日

    セツブンソウ

    セツブンソウ(多年草)
    キンポウゲ科セツブン属草丈 5-15㎝ 開花2-3月
    名前の由来
    早春に芽を出し節分のころに花を咲かせるからこの名が、屋外では開花は節分より遅い
    日本固有種 関東地方西の特産で、石灰岩地を好む傾向があり緑林内や山裾の平影地などに生育する。




    黄花セツブンソウ 別名(ヨウシュセツブンソウ)
    南ヨーロッパ原産



      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 21:07Comments(0)メンバーからのあんなことこんなこと

    2019年01月02日

    近代工芸の名品 棗

    東京国立近代美術館工芸館 旧近衛師団司令部庁舎 1910年に建てられ 外観、玄関、階段ホールなど重要文化財 2月11日まで


    人間国宝の棗 を展示されてます。




    棗の代表的な形状


    平棗


    蒔絵 山の雪はうずらの卵


    独楽型棗


    法隆寺五重の塔の解体修理の時やむ得ぬ都合で一部切り取られた心柱から作った棗 松田権六作


    蓋裏 松


    友禅訪問着 梅林 森口華弘作





      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 22:57Comments(0)メンバーからのあんなことこんなこと

    2018年12月24日

    一般参賀 天皇誕生日

    過去最多の一般参賀 記帳も含め8万3千人


    伏見櫓
    高さ13.4m 別名 月見櫓
    皇居で最も美しいと言われている。


    二重橋
    皇居正門から長和殿へ向かう途上二重橋濠に架かる。鉄橋本来の名称は、正門鉄橋


    行列から二時間、2回目のお出ましで遠くからお目にかかる事が出来ました。




    富士見櫓
    江戸城旧本丸の東南隅に有り、品川の海や富士山をご覧になったと言われている。石垣上にせり出して石落とし仕掛けがある。南面屋根が描く曲線美が美しい。



      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 06:23Comments(0)メンバーからのあんなことこんなこと

    2018年12月23日

    柚子味噌

    冬至で、とても大きな柚子を頂いたのでお風呂に入れ、残りは柚子味噌を作った。


    ふろふき大根


    豆腐田楽



      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 22:18Comments(0)メンバーからのあんなことこんなこと

    2018年05月06日

    百花繚乱

    ピエールドロンサール




    アンクルウォーター


    微笑み


    ヒルザキツキミソウ


    アリッサム


    ストロベリーキャンドル


    エリゲロン



      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 21:43Comments(0)メンバーからのあんなことこんなこと

    2018年04月30日

    都会のど真ん中に鯉のぼり

    アート鯉のぼり
    緑のミッドタウン.ガーデンに80体のこいのぼりが泳いでました。アートデレクターやクリエイターや美大生がデザインした個性豊かなこいのぼり




    小さな噴水で幼児が遊んでました。


      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 20:45Comments(0)メンバーからのあんなことこんなこと

    2018年04月29日

    会津若松城址(鶴ヶ城)

    難攻不落の名城 戊辰戦争の戦役で新政府軍の猛攻の前に籠城一カ月 城は落ちなかった。1384年葦名直盛が館を築き改修を経て名城となった。お城は昭和40年に再建




    武者走り 左手の階段


    野面積みの石垣


    荒城の月の石碑 土井晩翠


    麟閣 (茶室)


    ヒトリシズカ


    茶室から


    関山




      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 23:14Comments(0)メンバーからのあんなことこんなこと

    2018年04月29日

    大内宿

    会津城下と下野の国(日光)を継なぐ下野街道32里を結ぶ区間の中で、会津から二番目の宿場町
    1640年頃整備され昭和56年4月に重要伝統的建造物群に指定




    茅葺を葺き替えてました。


    有名なネギ蕎麦


    お土産屋さんては会津木綿も売ってました。


    街道沿いに有るお店


    街道の裏側は、のどかな田園風景


      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 22:25Comments(0)メンバーからのあんなことこんなこと

    2018年04月29日

    奥会津 昭和村の苧

    高冷地で雪の多い厳しい自然環境の中で苧生産は生活を支えながら、手から手へわざが受け継がれ高品質のからむし政策技術を伝承してきた。
    からむしの里




    苧が出来るまでは、苧を育て→刈り取り→からむし剥ぎ→からむし引き→苧績み→苧織
    畑を耕し、草を育み、糸を績んで、織り上げる。
    大変な工程を経て一本の糸になる。


    糸を細く撚り繋いで一定の長さにしてます。


    苧の反物


    苧の帽子


    隆の里のまわしは苧 不知火型


    展示館の建物の脇には、水芭蕉が咲いてました。

      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 22:00Comments(0)メンバーからのあんなことこんなこと

    2018年04月27日

    西会津 大山祇神社と鳥追観音

    会津路の山の神 創建778年山の麓にある。 おおやまづみじんじゃ 古来より幅広い信仰をえていて、一生に一度はどんな願い(なじょな願い)も聞いてくださると言う、大山まつりが毎年六月に大祭が開催され大勢の参拝客で賑わう。


    手水舎は、苔むしていてなかなか素敵な雰囲気でした。御本社の参道には要所要所に六体の道祖神と二箇所に滝が有るそうです。


    鳥追観音は、807年徳一大師が創立した会津西方浄土霊場 信心するものには影身に沿って守護されると伝わる


    高野槙
    樹齢1200年幹周り4m高さ30m


    境内には、まだ雪が残ってました。




      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 20:48Comments(0)メンバーからのあんなことこんなこと

    2018年04月27日

    奥会津金山まぼろしのお豆腐

    奥会津百年水と厳選された秘伝の技で作り上げた逸品 玉梨豆腐茶屋


    標高千百メートルのブナ林 高森山から百年かかって湧き出ると言われる奥会津百年水


    まぼろしの青ばと豆腐
    水に揺れてみずらいですが、発送もしてるそうです。


    まぼろしの豆腐は、手が出ませんでしたが値段の低いのを買って食しました。とてもこくが有りました。


      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 16:09Comments(0)メンバーからのあんなことこんなこと

    2018年04月26日

    森の校舎カタクリ

    三島町に有る廃校した小学校を利用した宿舎
    体験学習や合宿などに使われています。


    夕飯は、この地区の女性(70才からしか働けない)の方々が心のこもった手作り料理でもてなしてます。


    夕飯は、山の幸を中心としたメニュー 会津名物(こづゆ)もあり品数が多く完食するのは大変でしたがとても美味しかったです。


    二年一組の部屋
    教室の壁紙などを直して宿泊施設にして有ります。




    朝食


    地域の方々のもてなしや温かい人柄に、こちらまで温かい気持ちになりほっこりしました。誠に有り難うございました。


      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 21:05Comments(0)メンバーからのあんなことこんなこと

    2018年04月26日

    カタクリの花の名所

    福島県三島町の大林ふるさとの山にカタクリの花が群生していて、雪深い豪雪地帯に彩りを添えてます。山の斜面一面にピンクのカタクリの絨毯
    あまりに素敵で思わず歓声


    カタクリは、地中に平均7-8年してから芽を出す
    花言葉 初恋


    水芭蕉
    山の斜面の湿地帯には、水芭蕉が咲いてました…


      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 00:15Comments(0)メンバーからのあんなことこんなこと

    2018年04月25日

    戸赤の山桜

    福島県下郷町の戸赤の山桜
    国道400号線の山沿いに、桜が数十本咲いており北国の春の訪れを感じさせてくれてます。地域では有名だそうです。まだまだ山々には雪が残っていました。




      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 20:05Comments(0)メンバーからのあんなことこんなこと

    2018年04月25日

    只見線と鉄橋

    絶景 只見川橋梁 生憎の雨でしたが、かえって幻想的な風景に出会えて感動


    ビューポイントに行く途中の山道の遊歩道には、イカリ草が所々に咲いていました。


    一日に何本も走らない只見線



      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 07:25Comments(0)メンバーからのあんなことこんなこと

    2018年04月21日

    ヤブニンジンとトウダイグサ

    ヤブニンジン
    多年草で太い根がある。茎は直立し枝を分ける。葉は3出羽複葉 (日本には1種のみ)




    トウダイグサ(灯台草)
    油の皿をおいた昔の灯架台のことで、草の姿がその形を思わせることによる。茎は高さ30㎝ほど、茎の先に大きめの葉を5枚輪生し、そこから5本の枝を出しその先に多数の黄色っぽい花をつける。




      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 21:26Comments(0)メンバーからのあんなことこんなこと

    2018年04月21日

    フデリンドウと狭山丘陵

    丘陵でも場所により野草が群落している植物が違い、フデリンドウは二つしか咲いてなくて見つけた時は、とても可憐で感動しました。
    フデリンドウ
    4-5月、茎の先に長さ2-2.5㎝の青紫色の花をつける。和名は、花の形が筆の穂先に似ることによる。写真だと青みがかってしまいましたが薄紫です。


    ギンラン
    キンランに似ているが、全体がやや小さく白い花をつける。


    セリバヒエンソウ
    中国原産の一年草 明治年間に渡来したもの
    一つの花枝上に2-4個の淡紫色の花をつける。
    和名 葉の形がセリに似て、花の姿から燕が飛ぶ姿による。


    カキドオシ
    つる性の多年草 茎は初め直立し高さ5-25㎝になるが、後に倒れて地上を長くはい節から根を出して繁殖 和名は垣通しで、つるが垣根を通って向こうまで伸びることによる。



      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 16:34Comments(0)メンバーからのあんなことこんなこと