たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  調布市 調布市


2011年11月28日

被災地から見えてくるもの

26日は、調布わいわいサロンのメイン企画、
「わいわいサロン」を開催しました。

今月のテーマは、
「東日本大震災ボランティア体験談と調布における災害時の心得」

話し手は、調布災害ボランティアコーディネーターの会の
宮田正幸さん。

被災地から見えてくるもの


参加者は多くはありませんでしたが、とても内容の濃い話に、
最後の意見交換はとても盛り上がりました。

内容は、被災地の様子と写真、被災地に行って見たもの・感じた事、
そして被災地から見えてくるもの、の三つの柱でした。

被災地から見えてくるものの中には4つの柱がありました。
 災害とは
 生き残れる人になるには
 何から学ぶか
 自分達が被災者に

災害とはの話を少しだけご紹介すると・・・
 みんなで渡ればこわくないという事は通用しない
 災害は忘れても忘れなくてもやってくる

そして、生き残れる人になるには、常にイメージする事が大切だと。

ぜひまた企画したい、大変に生きた話を伺う事ができました。

                       <事務局Y>



  • 同じカテゴリー(わいわいサロン)の記事画像
    江戸の名勝小金井桜ウォーキング
    コンチェルボーノでランチ再び
    ボランティアガイドが語る尾瀬の魅力
    春の野草の開花
    コンチェルボーノでランチ
    ケニアでの野生動物との出会い
    同じカテゴリー(わいわいサロン)の記事
     江戸の名勝小金井桜ウォーキング (2016-04-01 19:56)
     コンチェルボーノでランチ再び (2016-03-03 19:23)
     ボランティアガイドが語る尾瀬の魅力 (2016-02-28 21:19)
     春の野草の開花 (2016-02-14 17:59)
     コンチェルボーノでランチ (2016-01-26 18:01)
     ケニアでの野生動物との出会い (2016-01-24 23:25)

    Posted by 調布わいわいサロン  at 09:48 │Comments(0)わいわいサロン

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


    削除
    被災地から見えてくるもの
      コメント(0)