たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  調布市 調布市


2017年10月20日

旧白州邸 武相荘

町田市鶴川に、白州次郎、正子が60年近く住んでいた茅葺屋根の屋敷が有り、正子が収集し又使用した品々が展示されている。館内撮影禁止
2001年10月に開館
長屋門から


庭から茅葺きの屋敷

臼の郵便、新聞受け


竹林の中に石仏塔
この石仏の下には、次郎の遺髪が納められている。




  


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 15:54Comments(0)メンバーからのあんなことこんなこと

    2017年10月08日

    ラジオ体操

    武蔵野の森公園で毎朝 6:30からラジオ体操を
    やってます。初めて10年になるそうですが、雨の日以外は、2-30人が集まりラジオに合わせ第1と第2体操をしてます。
    そもそもの始まりは、民生委員をやっていた方が老人の引きこもりを防ぐ目的で始めたそうです。


      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 15:13Comments(0)メンバーからのあんなことこんなこと

    2017年10月08日

    花一輪

    今朝、桜の苗木に花一輪咲いてました。狂い咲きかな❓⁇
    桜一輪


    秋海棠


    額縁絵 (成城猪俣邸)



      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 14:51Comments(0)メンバーからのあんなことこんなこと

    2017年10月03日

    「調布の民話」~調布にもこんな語り伝えられた話があったんだ!

    調布の歴史講座「歴史に学ぶ、昔の調布、今の調布」の第1回『調布の地名の由来と歴史』の関連企画第1弾として、朗読劇『調布の民話』を開催。手作り絵本や映像を使って楽しいショーに仕立てました。



    調布の庶民の生活の中から生まれ、語り継がれてきた民話を「民話研究会」の人たちがまとめた『調布の民話集』から、6編のお話を選びました。

    ●第1話「柏の里の物語」:深大寺を創建された満功上人の祖父から始まる、深大寺開創の物語


    ●第2話「千年の藤」:国領神社の千年の藤に残された悲話


    ●第3話「広福長者」:天神様のお告げを受け木綿の布を作って朝廷に献上したという、布田天神縁起の物語
    手作り絵本の登場です




    ●第4話「妙円地蔵」:恵まれない境遇のうえに失明して出家し、村びとのために路傍で鉦をたたいて念仏を唱えた寿量妙円のお話


    ●第5話「お諏訪さま」:諏訪神社のお札が盗まれ、やがて戻る。 庶民の思いの詰まったお話


    ●第6話「最後のばかし」:京王線開通で安住の地を脅かされる調布に棲むキツネたちの最後の抵抗のお話
    再び手作り絵本の登場です




    途中の休憩時間には聴講の方たちと一緒に北原白秋の詩「五十音」と「寿限無」でお口の体操


    語り部はすべて調布わいわいサロン会員の素人です。集まっての通し練習は4回だけでしたが、一つのものを作り上げる楽しさを分かち合う良いチームでした。
    こんなに楽しい経験ができて、観客の方にも喜んで頂けたとしたらこれ以上の幸せはありません。



    最後に、児童文学者・民話研究家の西本鶏介氏の「調布の民話集」への寄稿文をご覧ください









      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 15:56Comments(0)調布わいわいサロン

    2017年09月27日

    調布わいわいサロン行事予定

    調布わいわいサロン10月・11月の行事予定をお知らせします。
    会員以外の方にご参加いただける催しもあります。
    ご興味があればお問い合わせください。


      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 14:08Comments(0)調布わいわいサロン

    2017年09月15日

    「調布の歴史講座」が開催されました

    調布わいわいサロンは創立10周年記念事業の一つ、調布の歴史講座「歴史に学ぶ昔の調布、今の調布」を調布市と共同開催しました。
    開会にあたり、調布わいわいサロン代表岸本勲氏よりの主旨説明に続き、調布市生涯学習交流推進課長半澤氏よりご挨拶いただきました。

      

    9月8日に開催した第1回のテーマは『調布の地名の由来と歴史』
    第1部では「調布」という市の名前の起源について、調布わいわいサロン代表岸本勲氏が講演。
    第2部では調布市内各地の地名の変遷について、調布わいわいサロン会員馬部美佐夫氏が講演されました。

      

    この講演会は来年2月まで6回のシリーズで行います。



      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 11:37Comments(0)調布わいわいサロン

    2017年09月14日

    渋沢資料館

    渋沢栄一の活動を広く紹介する博物館




    学芸員による渋沢栄一の生涯を熱心に聞く 予定時間をはるかに超え、一時間半の説明となった。


    資料館の並びに飛鳥山博物館と紙の博物館が、在り自由に見学 し流れ解散となった。  


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 16:32Comments(0)調布わいわいサロン

    2017年09月14日

    晩香廬

    渋沢栄一の喜寿を祝い、清水組(現在の清水建設)
    建てたものです。
    談話室の和風コードペンダントが吊り下がって、下から大きな四角に、台形の屋根を乗せその上に王冠のような飾りかある
    ペンダントの笠は、ガラスに淡貝の薄片を飾り作られている。


    ステンドグラスの枠も貝を使っている。


    テーブルと椅子や火鉢
    内装家具担当 森谷延雄 の全て統一されたデザインになっている。


      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 16:02Comments(0)調布わいわいサロン

    2017年09月14日

    飛鳥山 青淵文庫

    青淵文庫の建物は、竜門社が渋沢栄一の傘寿と子爵昇格を兼ねて贈ったそうです。


    閲覧室のステンドグラスは、渋沢家の家紋 柏
    をモチーフにし、中央には 寿 の飾り文字 両脇には、昇り竜 降り竜 がデザインされている。


    シャンデリア


    窓と窓の間にも、柏のモチーフの柱


    電気ストーブ
    大理石で囲まれた、ストーブはヒーターと蒸発皿があり、スチームの効能もあったと思われるそうです。


      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 15:39Comments(0)調布わいわいサロン

    2017年09月14日

    都電荒川線

    東京で唯一残っている、都電にJR山手線大塚駅北口から参加者29名が、一日乗車券(400円)で二班に分かれて乗車し終点三ノ輪まで


    三ノ輪商店街 約465mのアーケードをブラリ
    定休日もあったが、継ぐ方がいずシャッターの閉まっている店もかなりあった。
    観光客用の民宿に変更した店




      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 15:21Comments(0)メンバーからのあんなことこんなこと

    2017年09月14日

    茜空

    赤く照り映えた空が、昨日と一昨日の夕方に素晴らしい彩りを放っていた。


      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 09:46Comments(0)メンバーからのあんなことこんなこと

    2017年08月27日

    調布ヨサコイ

    今年も、調布ワイワイサロンは布多天神社の参道に出店 昨年好評の山形名物玉コンニャクと生ビールを販売
    玉コンニャク
    (山形から材料全て取り寄せて、ベテラン主婦が煮込ました。) 完売


    生ビール
    注ぎ方が、皆さんとても上手
    追加仕入れしたビールも完売




    天神様境内の仮設舞台では、ヨサコイ出演者による華やかな踊りが披露されていた。


    天気に恵まれて人出も多く感じられた。  


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 22:47Comments(0)調布わいわいサロン

    2017年08月26日

    調布わいわいサロン行事予定

    調布わいわいサロン9月・10月の行事予定をお知らせします。
    会員以外の方にご参加いただける催しもあります。
    ご興味があればお問い合わせください。


      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 19:12Comments(0)調布わいわいサロン

    2017年08月23日

    レンゲショウマ群生地

    今年で、3年目の御岳山のレンゲショウマ
    昨年までの天気とは打って変わり、好天に恵まれ8月の天候不順の影響で、開花が遅れていて丁度見頃でした。5万株が自生する全国でも珍しい群生地




    珍しい 黄色レンゲショウマ


    御岳渓谷の急流



      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 21:06Comments(0)調布わいわいサロン

    2017年08月04日

    調布わいわいサロン行事予定

    調布わいわいサロン8月・9月の行事予定をお知らせします。
    会員以外の方にご参加いただける催しもあります。
    ご興味があればお問い合わせください。


      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 11:05Comments(0)調布わいわいサロン

    2017年07月25日

    夏のロックガーデン

    奥入瀬の縮小版のような、ロックガーデンを訪ねました。山道の斜面には山百合が咲き誇り、ほのかな香りがハイカーを歓迎してくれてるようです。
    山百合


    早々とレンゲショウマが一輪


    ロックガーデンは、モミジが多く目に優しい緑が山全体を彩ってました。


    天狗岩(鎖が有り登る事が出来る)


    ロックガーデンの沢と苔むした岩
    沢の中では、ヤマメが生息


    玉川ホトトギス
    深山の谷筋などに生える多年草
    和名 京都府 井手の玉川のことで、この地はヤマブキの名所なので、それを借りて黄色を表現したものといわれる。


      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 09:04Comments(0)メンバーからのあんなことこんなこと

    2017年07月13日

    飛鳥山 紙の博物館

    創作折り紙作家 世界に広めたことで知られている吉澤章 紙やどる手 という特別展が開催されていた。
    干支


    クジャク


    白鳥


      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 16:39Comments(0)メンバーからのあんなことこんなこと

    2017年07月13日

    都電の旅 雑司ヶ谷 鬼子母神

    カルチャーチームの下見で、都電荒川線に乗り最最初に、鬼子母神に行った。駅名は、きしぼじん とフリガナがふってあったが、実際のは きしもじん
    とフリガナになっていて、初めて知った。又 鬼の字は ノが付いていない。色々な説が有りますが省略
    鬼子母神大門ケヤキ並木(都指定天然記念物)


    江戸時代から子授け、安産の御利益が有るとされ多くの参詣者を集めてきたそうです。


    境内にある駄菓子屋 (上川口屋)
    創業1781ねん


    大イチョウ
    樹齢600年 幹周り 8m 樹高 30m余


    都電





      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 16:30Comments(0)メンバーからのあんなことこんなこと

    2017年07月01日

    自然のキャンパス

    空や陽ざしの方を眺めると、雲や太陽や山々が日々違う景色が描かれ感動します。
    西の空


    稜線に富士山がみえます。


      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 22:16Comments(0)メンバーからのあんなことこんなこと

    2017年06月30日

    調布わいわいサロン行事予定

    調布わいわいサロンこれからの行事予定をお知らせします。
    会員以外の方にご参加いただける催しもあります。
    ご興味があればお問い合わせください。
      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 15:57Comments(0)調布わいわいサロン