たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  調布市 調布市


2018年07月16日

調布わいわいサロン ライフチーム企画 「口腔ケア」講座

7月14日(土)の午後2時から「総合福祉センター」4階の視聴覚室にて健康寿命を延ばす「口腔ケア」
の講座を開催しました。

当日の講師は日本歯科大学名誉教授の西田絋一先生にお願いしました。

西田先生のお話は大変分かりやすく、ユーモアにあふれた語り口であっと言う間の1時間半でした。 その後参加者から数多くの質問が
出され一つ一つに丁寧い回答頂きました。 テーマ的にも皆さん日頃から非常に関心が高かったと思われます。

特に参考になったとのコメントが多かったのが、お口の「パタカラ」「あいうべ」体操でした。

最後に岸本代表からの総括コメントと西田先生へのお礼の言葉で企画を締めくくりました。

  


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 09:03Comments(0)調布わいわいサロン

    2018年07月15日

    夏を乗り切る料理教室~スペイン編 グルメチーム

    33度の猛暑の中、チームメンバーは夏を乗り切る勢いでアメ横へと出かけた。大型クーラーボックスを片手にリュックサック姿は買い出し風体そのものである。新鮮・良質・低価格の三拍子揃いを求めて渡り歩く。結果、満杯になったクーラーボックスを引きずり、果物ゴロゴロと入ったリュックを背負い調布への帰路を急いだ。

    料理教室は7月4日(水)たづくり10階の調理室で行われた。チームメンバーは緊張の面持ちで勢揃いし、午後1時には今回の参加者、男性9名、女性16名の全員がバンダナ・エプロン姿で入室。部屋はスペインムードよろしくBGMが流れる中5人編成で指定された調理台に着く。そして料理教室のりーダーにより「スペイン料理の地域性と特徴」についての解説があり、続いてこれから始まるレシピの説明を受け、即調理開始となる。



    まずスペイン料理の代表とも言える「パエリア」から始まり「トマトサラダ・ジプシー風」と「リンゴの赤ワインコンポート」を作り冷蔵庫へ。「ガスパチョ」「スペイン風オムレツ」「アヒージョ」と料理は続く。6種類のレシピに挑戦する事1時間半。


    そして彩り鮮やかな料理が揃い待ちに待ったお食事会となる。まずグルメチームリーダーの挨拶の後、情熱的な色のサングリア(果物入りワイン)を手に元気よく「サルー(乾杯)!!!」 


    見るからに豊かで楽しい料理を頬張りいつの間にかスペイン人のような陽気な気分となる。 皆の顔に笑みが浮かぶ時間となった。


      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 11:24Comments(0)調布わいわいサロン

    2018年07月01日

    「高幡不動尊あじさい祭りと日野市新選組ゆかりの地を巡る」

    6月22日
    梅雨の晴れ間を縫って、見頃となった高幡不動尊のあじさい祭りと、新選組ゆかりの地を巡るウォーキングに出かけました。
    多摩都市モノレール万願寺駅に集合。ホームの支柱には「土方歳三生誕の地」と書かれています。

    先ずは土方歳三の墓石が立てられている「石田寺」へ。


    境内に入って目を引かれるのは日野市の天然記念物に指定されている樹齢400年以上、目通りの太さ4.5m、高さ26mのカヤの木。


    墓石のほかに土方歳三義豊之碑が立てられており、訪れる歳三フアンが絶えないお寺でもあります。



    石田寺から歩くこと僅か、歳三の生家が付近にあったという場所「とうかんの森」


    万願寺駅に戻り再スタート。
    江戸時代初期の甲州街道は、「万願寺一里塚」(日本橋から9里目)を経て日野宿に入った。


    その後道筋が改められたが、このルートも利用されていたという。


    緑の美しい「萬福寺」、「藺沼公園」を経ていよいよ「日野宿本陣」に到着

    日野宿本陣は都内唯一の江戸時代の建物が残る本陣です。
    ガイドの方の説明で本陣としての役割、新選組との関わり、明治天皇ご小休のご様子、建物の保存に尽力された方々のお話など、興味深く伺いました。

    続いて向かった「八坂神社」は日野の総鎮守。

    ここには近藤勇や沖田総司など天然理心流門人らが奉納した欅板に大小二本の木刀が架けられた額が残されており、5月の新選組まつりと9月の例大祭時に公開されます。


    日野駅に到着。ここからは高幡不動駅までバスで移動します。


    お昼ご飯を済ませたあと、いよいよ高幡不動尊へ。
    「ほどくぼ小僧 勝五郎生まれ変わり物語」を聞いたあと、それぞれお不動さんへお参り、あじさい鑑賞へと向かいました。

    アメリカンストロベリー


    ダンスパーティー

               
    伊豆の蝶


    お天気に恵まれ、楽しい一日を過ごしました。











      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 20:36Comments(0)調布わいわいサロン

    2018年05月28日

    「最後の築地を楽しむ」

    5月23日。
    今年の秋にに豊洲に移転予定の「築地市場」の最後の賑わいを楽しみに行きました。


    まずはインフォメーション「ぷらっと築地」で場外市場の地図をゲットするのが良いでしょう。


    この日は場内市場が自由営業日であるため、シャッターの下りた店舗も。


    築地市場の移転後も食文化の拠点としての「築地」の活気とにぎわいを将来に向けて継承するため、「食のまち築地」を象徴する新鮮かつ多品種の水産物と青果物を販売する店舗施設「築地魚河岸」小田原橋棟と海幸橋棟。
    ここは移転後も残ります。



    お買い物の前に先ずは災難を除き、波を乗り切る「波除稲荷神社」にお参り

    明暦の大火の後、堤防を築いても築いても激波にさらわれてしまうという困難を極めた埋立工事の際、海面を光りを放って漂う稲荷大神の御神体を現在の地に社殿を作りお祀りしたところ、波風がピタリとおさまり、工事は進み埋立が完了したとのことです。

    鳥居をくぐった両脇に一対の獅子殿があり、「厄除天井大獅子」「お羽黒獅子」が祀られています。


    魚河岸が現在地に移転してきた時に奉納された「魚がし碑」をはじめ、仲買の方達などから「活魚塚」「鮟鱇塚」「海老塚」「すし塚」「玉子塚」ほか多数奉納されています。


    御神木「枝垂れ銀杏」は、黄葉の季節になればまるで鈴なりに実った小判が社殿の上に降り注ぐかのように見えるそうですよ。


    さあ、いよいよお買いもの。
    暫し写真をとる余裕がありません。お許しください。
    マグロ、塩鮭、明太子、スルメ、鮭とば、佃煮etc.
    残念!お目当てだったふわふわのしらす干し屋さんは本日休業。

    場外にはこんな場所も

    明暦の大火により江戸御坊(築地本願寺)と共に移転してきたという「圓正寺」
    関東大震災前に存在した築地本願寺の子院のうち、現存する唯一の戦前建築です。
    門柱を構え、唐破風を見せる本堂や、銅板葺きの庫裏などが個性的な景観を形成しており、現在も築地場外市場にあって、門前町であった時代の景観を伝える貴重な一画となっています。

    買い物に満足したあとは、お待ちかね「すしざんまい奥の院」へ
    お寿司が出てくるまでの時間を使って幹事の博識披露「お鮨」「お鮓」「お寿司」「おすし」の違いは?


    お待たせしました。本日のランチ「こころ粋」いただきました。









      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 11:27Comments(0)調布わいわいサロン

    2018年05月26日

    調布わいわいサロン行事予定

    調布わいわいサロン6月・7月、およびこれからの予定をお知らせいたします。
    会員以外の方にご参加いただける催しもあります。
    ご興味があればお問い合わせください。



      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 00:20Comments(0)調布わいわいサロン

    2018年05月13日

    調布わいわいサロン カルチャーチーム企画「エジプトって、どんな国?」


    5月12日(土)14:00~16:00
    カルチャーチーム企画でエジプトからの留学生(東京外国語大学)2名(ナダさん、ヘバさん)にお願いして、エジプトについての講演会を開催しました。 会員、一般及びチーム員を含め27名が参加しました。
    エジプトの一般情報や文化、歴史、各地方紹介、等をパワーポイントにて紹介して貰いました。 その後、参加者からの質疑応答。 皆さん色んな質問をお二人聞き理解を深めていました。 特に、女性の服装(へジャブ、ニカブ)には興味津津でした。 また、イスラム教のラマダン(断食)の本当の意味や礼拝の儀式については、興味深い内容でした。
    最後に、参加者の中から2名が自前のショールを使って、へジャブの実演を行い、初めての経験にワクワクドキドキされ、大変盛り上がった企画を終了しました。 今回の企画に参加され、更にエジプトの事を知りたいと思って頂いたり、好きになって頂けると幸いです。 機会が有れば是非エジプトにも行ってみたいですね。

      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 07:21Comments(0)

    2018年05月06日

    百花繚乱

    ピエールドロンサール




    アンクルウォーター


    微笑み


    ヒルザキツキミソウ


    アリッサム


    ストロベリーキャンドル


    エリゲロン



      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 21:43Comments(0)メンバーからのあんなことこんなこと

    2018年04月30日

    都会のど真ん中に鯉のぼり

    アート鯉のぼり
    緑のミッドタウン.ガーデンに80体のこいのぼりが泳いでました。アートデレクターやクリエイターや美大生がデザインした個性豊かなこいのぼり




    小さな噴水で幼児が遊んでました。


      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 20:45Comments(0)メンバーからのあんなことこんなこと

    2018年04月30日

    ベストフォット??(福島県三島町旅行)

    バスの中から磐梯山をパチリ

    圓蔵寺から只見川を望む

    柳津駅(無人駅) 桜の中を電車がホームへ

    三本のアーチ橋がおり重なってアーチ3兄弟 日本で唯一

    早朝の栄光館から只見川と山を望む

    ビューポイントから登り電車と鉄橋

    大林ふるさとの山 カタクリ群生地

    西方地区の田園風景

    元 保育園

    工芸館 ヒロロ編みのバック山葡萄のバックが展示

    マタタビのざるにうどんを盛って食べてみました。

    とても充実した 美しい村の旅でした。

      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 20:21Comments(0)メンバーからの一言

    2018年04月29日

    会津若松城址(鶴ヶ城)

    難攻不落の名城 戊辰戦争の戦役で新政府軍の猛攻の前に籠城一カ月 城は落ちなかった。1384年葦名直盛が館を築き改修を経て名城となった。お城は昭和40年に再建




    武者走り 左手の階段


    野面積みの石垣


    荒城の月の石碑 土井晩翠


    麟閣 (茶室)


    ヒトリシズカ


    茶室から


    関山




      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 23:14Comments(0)メンバーからのあんなことこんなこと

    2018年04月29日

    調布わいわいサロン行事予定

    調布わいわいサロン5月・6月の行事予定をお知らせします。
    会員以外の方にご参加いただける催しもあります。
    ご興味があればお問い合わせください。


      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 22:51Comments(0)調布わいわいサロン

    2018年04月29日

    大内宿

    会津城下と下野の国(日光)を継なぐ下野街道32里を結ぶ区間の中で、会津から二番目の宿場町
    1640年頃整備され昭和56年4月に重要伝統的建造物群に指定




    茅葺を葺き替えてました。


    有名なネギ蕎麦


    お土産屋さんては会津木綿も売ってました。


    街道沿いに有るお店


    街道の裏側は、のどかな田園風景


      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 22:25Comments(0)メンバーからのあんなことこんなこと

    2018年04月29日

    奥会津 昭和村の苧

    高冷地で雪の多い厳しい自然環境の中で苧生産は生活を支えながら、手から手へわざが受け継がれ高品質のからむし政策技術を伝承してきた。
    からむしの里




    苧が出来るまでは、苧を育て→刈り取り→からむし剥ぎ→からむし引き→苧績み→苧織
    畑を耕し、草を育み、糸を績んで、織り上げる。
    大変な工程を経て一本の糸になる。


    糸を細く撚り繋いで一定の長さにしてます。


    苧の反物


    苧の帽子


    隆の里のまわしは苧 不知火型


    展示館の建物の脇には、水芭蕉が咲いてました。

      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 22:00Comments(0)メンバーからのあんなことこんなこと

    2018年04月28日

    2018年美しい村倶楽部ツアー(その2)

    調布わいわいサロン「美しい村倶楽部」が「日本で最も美しい村」の一つである福島県三島町への1泊2日のツアー2日目。

    あいにくの雨となりましたが只見川と只見線が織りなす絶景のポイントへ。

    霧が2筋空に昇って行く様子がわかります。



    3輌連結の上り列車と2輌の下り列車が撮れました。

    続いては「大林ふるさとの山」へさくらとカタクリを求めて参りましょう。
    桜は既に盛りを過ぎ、花筏を楽しみました。

    ボランティアガイドの小松豊さんの説明を聞きながら登って行きます。
    咲いていました!斜面を埋め尽くすピンクのカタクリ。

    あと少し顔を上げて!

    今日も水芭蕉に遇えました。



    お待ちかねの昼食は、地元のお母さんたちによる手作りの郷土料理のお弁当。

    会津地鶏のつくね、こごみの胡麻和え、イカ人参、エビチリや煮物など。中でも蕗の佃煮が超好評。

    食事の後、三島町役場の鈴木課長と大竹主事により三島町についてお話し頂きました。 三島町は人口1638人で、福島県の西部に位置し、尾瀬を源流とする只見川沿いにある山間の小さな村です。「日本で最も美しい村」に承認された地域資源は「雪国の手仕事を再生した生活工芸と日本一の会津桐」と「住民の暮らしに根付く民俗行事」、特に各集落で行われる「サイノカミ」は、小正月の火祭りの典型例として古くからの風習を色濃く残しており、国の重要無形民俗文化財に指定されています。

    私たちも奥会津編み組細工の体験をしました。
    縄文時代の遺跡からも発掘されたという山葡萄の蔓を使った細工。
    今日は私たちがストラップを造ります。
    ここから始まり
    緊張のスタート
    形になってきた
    完成     
      
    旅の最後に訪れたのは「会津桐タンス株式会社」

    製材した桐板は「アク抜き」と「乾燥」のため数年、天日風雨にさらして手入れをするそうです。 


    1泊2日とは思えない充実した「日本で最も美しい村」を巡る旅でした。
    来年はどの村へ? 楽しみです!
      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 07:26Comments(0)美しい村倶楽部

    2018年04月28日

    2018年美しい村倶楽部ツアー(その1)

    調布わいわいサロン「美しい村倶楽部」が「日本で最も美しい村」の一つである福島県三島町への1泊2日のツアーを開催しました。

    調布たづくりを出発したバスは最初の目的地柳津に到着。
    まずはそば処「ふなき」でこだわりの手打ちそばをいただきました。


    柳津は「赤べこ」発祥の地、お母さん赤べこ「満子」がお出迎え。


    町のシンボル福満虚空藏菩薩圓藏寺は千二百年の歴史を誇る名刹、千葉県の清澄寺、茨城県の日髙寺とともに日本三虚空藏の一つとして信仰を集めています。


    弘法大師が虚空蔵尊を刻んだ木屑を只見川に投げ込むと、それがたちまちのうちにウグイに姿を変えたと伝えられており、ウグイの群生地として国指の天然記念物に指定されています。写真左下の建物の上あたりの水中、黒く淀んで見えるのがウグイの群れです。


    只見線で「柳津駅」から「早戸駅」まで6駅乗りました。




    鶴が傷を癒したという「つるの湯」温泉のカフェ「IORI」で小休止。桜、花桃、水芭蕉が出迎えてくれました。



    会津宮下駅には宮下部落委員 宮下・荒屋敷まちづくり委員長 佐久間宗一さんが出迎えてくださり、美しい村としての取り組みをお話しくださったあと、町の中をご案内くださいました。




    宮下地区は「まちなみ景観を活かしたおもてなし」をまちづくりの目標に、毎月1日の一斉清掃や花いっぱい運動など地区の美観に取り組んでいるそうで、花いっぱいのプランターのほうは残念ながら5月からということでしたが、町には春の花が溢れていました。



    一斉清掃は受け持ちの道に名前を付けることでモチベーションを高めているようでした。

    壁画「三島の風景と雨ニモ負ケズ」は美化運動の一環として宮下地区の中学生全員の手で制作されたものです。


    また、「まちなみ景観を活かした地域づくり」として先祖から引き継いできた「屋号」を表示することで、伝統的な町並みの保存や地域づくりへの住民の関心を高めるこころみは、2012年のグッドデザイン賞を受賞しています。





    道端で湧水(赤城清水)をひと口。軟らかいやさしいお水でした。


    昭和17年4月1日、新しい村として発足した宮下村はその10日後の大火で部落の大半を焼失しました。
    大火のシンボルである火の見櫓の再建、心安らぐ小径、塀のない開かれた民家の庭づくりなど、「まちなみ景観を活かしたおもてなしの地域づくり」に取り組んでいるのです。


    宮下観光最後の絶景、国道252号線、JR只見線、国道237号線の3橋が交わるポイントです。


    バラエティに富んだ今日のイベント締めくくりは「語り部」による民話4題「かしゃ猫」「こしあぶら」「片目っこ狸」「初嫁と桐箪笥」


    楽しいお話をありがとうございました。
















































      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 07:22Comments(0)美しい村倶楽部

    2018年04月27日

    西会津 大山祇神社と鳥追観音

    会津路の山の神 創建778年山の麓にある。 おおやまづみじんじゃ 古来より幅広い信仰をえていて、一生に一度はどんな願い(なじょな願い)も聞いてくださると言う、大山まつりが毎年六月に大祭が開催され大勢の参拝客で賑わう。


    手水舎は、苔むしていてなかなか素敵な雰囲気でした。御本社の参道には要所要所に六体の道祖神と二箇所に滝が有るそうです。


    鳥追観音は、807年徳一大師が創立した会津西方浄土霊場 信心するものには影身に沿って守護されると伝わる


    高野槙
    樹齢1200年幹周り4m高さ30m


    境内には、まだ雪が残ってました。




      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 20:48Comments(0)メンバーからのあんなことこんなこと

    2018年04月27日

    奥会津金山まぼろしのお豆腐

    奥会津百年水と厳選された秘伝の技で作り上げた逸品 玉梨豆腐茶屋


    標高千百メートルのブナ林 高森山から百年かかって湧き出ると言われる奥会津百年水


    まぼろしの青ばと豆腐
    水に揺れてみずらいですが、発送もしてるそうです。


    まぼろしの豆腐は、手が出ませんでしたが値段の低いのを買って食しました。とてもこくが有りました。


      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 16:09Comments(0)メンバーからのあんなことこんなこと

    2018年04月26日

    森の校舎カタクリ

    三島町に有る廃校した小学校を利用した宿舎
    体験学習や合宿などに使われています。


    夕飯は、この地区の女性(70才からしか働けない)の方々が心のこもった手作り料理でもてなしてます。


    夕飯は、山の幸を中心としたメニュー 会津名物(こづゆ)もあり品数が多く完食するのは大変でしたがとても美味しかったです。


    二年一組の部屋
    教室の壁紙などを直して宿泊施設にして有ります。




    朝食


    地域の方々のもてなしや温かい人柄に、こちらまで温かい気持ちになりほっこりしました。誠に有り難うございました。


      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 21:05Comments(0)メンバーからのあんなことこんなこと

    2018年04月26日

    カタクリの花の名所

    福島県三島町の大林ふるさとの山にカタクリの花が群生していて、雪深い豪雪地帯に彩りを添えてます。山の斜面一面にピンクのカタクリの絨毯
    あまりに素敵で思わず歓声


    カタクリは、地中に平均7-8年してから芽を出す
    花言葉 初恋


    水芭蕉
    山の斜面の湿地帯には、水芭蕉が咲いてました…


      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 00:15Comments(0)メンバーからのあんなことこんなこと

    2018年04月25日

    戸赤の山桜

    福島県下郷町の戸赤の山桜
    国道400号線の山沿いに、桜が数十本咲いており北国の春の訪れを感じさせてくれてます。地域では有名だそうです。まだまだ山々には雪が残っていました。




      


  • Posted by 調布わいわいサロン  at 20:05Comments(0)メンバーからのあんなことこんなこと